ニュース

  • 鬱状態の人にはどう接するのが最適?

    鬱状態の人にはどう接するのが最適?

    鬱病は、悲しい気持ちが継続したり、以前は楽しんでいた物事に対する興味がなくなったりする気分障害です。世界で3億人以上が何らかの鬱状態になったことがあると言われています。 大鬱病性障害は、精神的なものだけでなく、肉体的な問題も引き起こす可能性があり、その影響で生活が大きく変わってしまうこともあります。

  • 離婚の概念が変わってきている ポジティブ離婚の捉え方

    離婚の概念が変わってきている ポジティブ離婚の捉え方

    今や昔、離婚という言葉はひた隠しにしたい行動であったように思えます。 周囲の目など、気にする事も多々。しかしながら、現代では容認する形にまで。 離婚のイメージを覆したのは?そして今起こっている現象とは?

  • 食欲をコントロールするための10の方法

    食欲をコントロールするための10の方法

    ダイエットの王道は日々の食事のコントロールと運動です。しかし一度ついてしまった「つい食べてしまうクセ」を変えるのは大変です。無理をしたり一度にしようとすることが挫折につながりがち。そこでこのような方法を試してみてはいかがでしょうか。

  • 初期乳がんにおける「抗がん剤の投与方法の効果」についての疑問

    初期乳がんにおける「抗がん剤の投与方法の効果」についての疑問

    がんの化学療法の一つである抗がん剤。その投与方法の一つにdose-dense(抗がん剤を投与する間隔を狭くする方法)と呼ばれるタイプがあります。

  • 障害のある人たちと社会の働き方をデザインする! Good Job Award/Exhibition2016-2017 ~これからの社会のかたち、新たな生き方、働き方に向かう~

    障害のある人たちと社会の働き方をデザインする! Good Job Award/Exhibition2016-2017 ~これからの社会のかたち、新たな生き方、働き方に向かう~

    ダイバーシティに取り組まれている企業と一緒に、 Good Job! Award/Exhibition 2016-2017を通して、 業界や分野を超え、 障害のある人とともに社会のこれからのかたちをつくり、 新たな生き方、 働き方に向かうメッセージを発信したいします。 このプロジェクトにご協賛を頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

  • 【医療雑学】カラダの「老化」に関する5つの都市伝説

    【医療雑学】カラダの「老化」に関する5つの都市伝説

    気だるさ、無理が利かないなど、後ろ向きな言葉を連発しながら、自分に鞭を打って仕事や生活を励んでいる毎日。今回は老化にまつわる説をご紹介します。

  • iPS細胞の悪性ガン化を回避する方法とは?工藤さんに伺う(第二回目)

    iPS細胞の悪性ガン化を回避する方法とは?工藤さんに伺う(第二回目)

    iPS細胞の悪性ガン化(公式的には良性だと発表されている)を回避する方法はあるのだろうか…?引き続き、日本分子腫瘍マーカー研究会、工藤さんに伺ってみた。

  • 『震災を乗り越えて~熊本地震直後からの日常生活とその工夫~』家族が震災にどう対応したのか。様々なボランティアはどのように支援をしたのか詳細に語る。

    『震災を乗り越えて~熊本地震直後からの日常生活とその工夫~』家族が震災にどう対応したのか。様々なボランティアはどのように支援をしたのか詳細に語る。

    次世代型出版メソッド「NextPublishing」を使った新刊『震災を乗り越えて~熊本地震直後からの日常生活とその工夫~』(著者:井芹大悟)を発行いたしました。

  • 年配の女性のタンパク質の摂りすぎは危険らしい

    年配の女性のタンパク質の摂りすぎは危険らしい

    多数の研究で、高タンパク、低脂質の食事は健康に良く、メタボリックシンドロームを予防し、ダイエットにも役立つと発表されています。しかし、年配の女性にとっては、健康に良くないどころか、悪い影響与えてしまうらしいのです。研究者によると、高タンパク、特に動物性のタンパク質の食事は心疾患を引き起こすリスクを高めてしまうらしいのです。

  • iPS細胞療法で作られた臓器は悪性ガンを発症する(第一回目)

    iPS細胞療法で作られた臓器は悪性ガンを発症する(第一回目)

    胎児の細胞を使った医療技術でノーベル賞を受賞し、世界中の人がその完成を待ちわびているiPS細胞移植療法。しかしこれはなぜ未完成のままなのか?その理由はiPSにある重大な欠陥とも言えるガン化にあった。