がん

  • 現役の看護師から聞いた、乳がんの自己触診方法。

    現役の看護師から聞いた、乳がんの自己触診方法。

    昨年、北斗晶さんが乳がんにかかったことで、がん検診の依頼者が病院に殺到したのは記憶に新しいです。都内のとある病院では予約すら困難な状況にあったとか…。

  • ついに人類がガンを克服する時代が来るか。転移癌の因子(短縮MK)と今後重要になってくる標的分子

    ついに人類がガンを克服する時代が来るか。転移癌の因子(短縮MK)と今後重要になってくる標的分子

    癌が転移を起こす絶対条件である基底膜の分解と血管形成の2つを単独で成しえている唯一の因子「癌胎児増殖因子(tMK)」の発症メカニズムと、これからの癌治療においてもっとも大切になってくるであろう標的因子について日本分子腫瘍マーカー研究会 工藤憲雄さんにお話を伺いっています。

  • NK療法が高くて受けられないけど、「抗がん剤の副作用は軽減したい」という方にオススメの血液クレイジング療法。美容効果もあり。

    NK療法が高くて受けられないけど、「抗がん剤の副作用は軽減したい」という方にオススメの血液クレイジング療法。美容効果もあり。

    ヨーロッパを中心に人気上昇中の点滴療法といえば、オゾン療法を思い浮かべる方も少なくないのでしょうか?国内ではオゾン療法という呼び名より、血液クレイジングや血液バイタルという呼び方で数年前から実施されていますが、日本ではなかなかメジューにはなっていない療法です。

  • 乳ガンを患っている方はどんな気持ちでいるのか?サポート方法をアンケート結果を参考に考える

    乳ガンを患っている方はどんな気持ちでいるのか?サポート方法をアンケート結果を参考に考える

    世界ガンの日(2月4日)が今年もありました。その日に合わせて、ダービー大学・心理学講師であるフィオナ・オラン氏が乳ガンの方を対象にインタビューをおこなった結果を発表しています。 ガンと診断された女性は実際のところ何を感じ、何を考えているのか?果たして、彼女たちに本当に必要なサポートがあるのかどうか?見極めることは非常に難しいでしょう。

  • 免疫力を過信していませんか?免疫細胞について知ることで、ガン治療を見極めよう!

    免疫力を過信していませんか?免疫細胞について知ることで、ガン治療を見極めよう!

    ガン治療において、免疫という言葉がよく使用されています。免疫はもちろん大切な要素ですが、多くのガン患者さんがその効果を過信しすぎている気がします。正しい治療選択のためにも、免疫細胞というものを今一度知っておきましょう。

  • 高濃度のビタミンCは正常細胞に影響を与えず、ガン細胞を選択的に死滅させることができる

    高濃度のビタミンCは正常細胞に影響を与えず、ガン細胞を選択的に死滅させることができる

    ビタミンCはガンを含む数々の病と闘うことができる、という考えは数十年前、ノーベル賞受賞者によって説かれた理論でしたが、否定派によってその後医学の隅に追いやられてしまいました。

  • B型肝炎ウイルス感染者が絶対に見過ごしてはならない知見とは

    B型肝炎ウイルス感染者が絶対に見過ごしてはならない知見とは

    多くのB型肝炎ウイルス感染者が知らないであろう知見があります。それも特許知見であったtMKが握っていました。この記事では未だ多くの人が知らないB型肝炎ウイルスにおける最新知見について、日本分子腫瘍マーカー研究会 工藤憲雄さんにお伺いしていきます。

  • 若干19歳で計5つの癌腫瘍と闘ってきた女性、2017.1月に死去。要因を考察する

    若干19歳で計5つの癌腫瘍と闘ってきた女性、2017.1月に死去。要因を考察する

    2016年5月に腸に癌ができていると診断され、闘病を続けていたHannan Lysonさんが今月、死去したニュースが報じられています。彼女の腸と肝臓には5つの癌腫瘍ができており、医師から治療法がないと宣言されていました。享年20歳でした。

  • 「BRCA変異があると乳ガンになるの間違い」アンジェリーナ・ジョリーさんは乳房を切除する必要はなかった。真のマーカーはtMK

    「BRCA変異があると乳ガンになるの間違い」アンジェリーナ・ジョリーさんは乳房を切除する必要はなかった。真のマーカーはtMK

    国内でも話題となったアンジェリーナ・ジョリーさんの乳ガンを予防するための胸の切除。もしかしたら国内でも乳ガンを予防するため、切除をお考えの方もいらっしゃるのかも知れないが、少し待っていただきたい。乳房の切除を行う前に、日本分子腫瘍マーカーの工藤憲雄さんにお伺いしたこの知見をご覧になっていただきたい。

  • 乳がんについて新たに判明した、いくつかの事実

    乳がんについて新たに判明した、いくつかの事実

    国立がん研究センターがん対策情報センターの統計(2013年度)によると、女性が罹患したがんのうち、13,000人が乳がんで死亡しているとのことです。ただし定期的な乳がん検診などにより、そのリスクは軽減しているとのこと(※1)