がん

  • 現状、もっとも早いガンの検出方法になるかも知れない

    現状、もっとも早いガンの検出方法になるかも知れない

    悪性腫瘍が形成されるまえに、われわれの免疫はその形成中に変化したタンパク質に対し、がん抗体を産出してこれを攻撃しようとします。この変化はがんの腫瘍が発達して検出される数ヶ月~数年前から始まります。

  • ガン患者さんだけが繋がれる場所「キャンサーペアレンツ」の創設者、西口さんにその胸中を伺う

    ガン患者さんだけが繋がれる場所「キャンサーペアレンツ」の創設者、西口さんにその胸中を伺う

    ガンの発症率が上昇し、今では幼いこどもをもつ親が突然ガンを診断されることも珍しくなくなった。東京都在住の西口洋平さんもその一人である。西口さんが正社員を退職し、ガン患者同士で繋がれるサービス「キャンサーペアレンツ」を立ち上げたのはなぜなのか…?その胸中を伺ってみた。

  • カレーの成分中に、ガン細胞を封じ込める力がある!?

    カレーの成分中に、ガン細胞を封じ込める力がある!?

    国民的フードともいえるカレー。大人から子どもまで嫌いな人があまりいないと言われています。そして、昔からカレーに含まれるスパイスが食欲を増進させるなど健康にいいと言われてきました。

  • ガンの転移はステージ0でも起こっている、米公式より新しい知見が発表される

    ガンの転移はステージ0でも起こっている、米公式より新しい知見が発表される

    『転移ガンの80%が初期に散らばったガン細胞に由来していて、すでに大きくなっているガンの腫瘍由来ではない』米公式より、転移ガンに関する最新知見が発表されています。

  • ガンの転移遺伝子を阻止できる「短縮型ミッドカイン(tMK)タンパク質特異的モノクローナル抗体」その③

    ガンの転移遺伝子を阻止できる「短縮型ミッドカイン(tMK)タンパク質特異的モノクローナル抗体」その③

    前回、イレッサの副作用である間質性肺炎の発症をいち早く発見できるバイオマーカーについて掲載しました。第3回目となる今回は、ガン転移遺伝子(tMK)を阻止できる抗体についてです。

  • 間質性肺炎のマーカーと、ガンの転移の有無を明確にする唯一の転移腫瘍マーカー その②

    間質性肺炎のマーカーと、ガンの転移の有無を明確にする唯一の転移腫瘍マーカー その②

    前回、公にされていなかったイレッサの薬害被害について掲載しました。第二回目となる今回は間質性肺炎のマーカーと、ガンの転移の有無を判別できる唯一の転移腫瘍マーカー「tMK」について掲載していきます。

  • 公にされていない「イレッサ薬害被害」の真実の姿 その①

    公にされていない「イレッサ薬害被害」の真実の姿 その①

    過去、肺ガン剤であり、夢の分子標的薬と謳われていた「イレッサ」が、800人以上の死者を出す薬害被害がありました。 「最高裁で被告側勝訴」という結末になっていますが、未だ公にされていない…いや、できなかったことがあります。 今回はそのあたりのお話を日本分子腫瘍マーカー研究会 工藤 憲雄さんにお伺いしていきます。

  • キラーストレスはガンの状態に大きく関わる その②

    キラーストレスはガンの状態に大きく関わる その②

    前回、ストレスがガンの状態に関係するメカニズムが解明された、という内容の記事を掲載しました。今回はその第二回目です。

  • ストレスはガンの成長・増殖を促す、そのメカニズムが医学的に解明される その①

    ストレスはガンの成長・増殖を促す、そのメカニズムが医学的に解明される その①

    神経ストレスが胃ガンの成長・増殖に影響を与えるメカニズムが、東京大学 医学部付属病院から発表されています。 ストレスはガンに悪い、とこれまでも言われていましたが、その詳細なメカニズムは明確になっていませんでした。

  • イレッサの薬害被害を二度と起こさないために、専門医も誤っている「分子標的薬の正しい知見」

    イレッサの薬害被害を二度と起こさないために、専門医も誤っている「分子標的薬の正しい知見」

    分子標的薬に対する謝った解釈を元に起こってしまったのが、イレッサの薬害被害である。800人以上が亡くなった。ここで今一度工藤さんに、分子標的薬の正しい知見をお伺いしてみました。