がん

  • 2つ、あるいは3つのポリフェノールを組み合わせれば、癌増殖の60%近くを防ぐことができる

    2つ、あるいは3つのポリフェノールを組み合わせれば、癌増殖の60%近くを防ぐことができる

    いくつかの生物学では、ポリフェノールの組み合わせがガン細胞の増殖を60%近く抑えることに成功しているのをご存知でしょうか。栄養素の相乗効果は、発ガンに至る多数の代謝経路へ影響することが示されています。

  • ガンに勝てるほどの健康を作れる、と言われている食事・生活スタイルは本当にガン細胞に対抗できるのか?

    ガンに勝てるほどの健康を作れる、と言われている食事・生活スタイルは本当にガン細胞に対抗できるのか?

    がん細胞の増殖を防ぐ、と言われ、提唱されている食事・生活スタイルは本当にガン細胞に対抗できるのでしょうか?

  • がんの放射線治療後、匂いや味覚に障害がでる原因は?

    がんの放射線治療後、匂いや味覚に障害がでる原因は?

    がんの放射線治療後に嗅覚や味覚に障害が出ることがあります。これの原因を掲載していきます。

  • 抗ガン剤治療中の髪の脱毛を防ぐことのできる「ペンギンコールドキャップ」その効果

    抗ガン剤治療中の髪の脱毛を防ぐことのできる「ペンギンコールドキャップ」その効果

    抗ガン剤治療中の髪の脱毛を防ぐことのできる帽子、として昨年話題になったのが「ペンギンコールドキャップ」です。その実際の効果が海外メディアで発表されました。

  • 賛否両論の渦中にある「ビタミンB17」は、毒なのか?がんの特効薬なのか?

    賛否両論の渦中にある「ビタミンB17」は、毒なのか?がんの特効薬なのか?

    1980年代に米・FDA(アメリカ食品医薬品局)より認可されず、禁止されたビタミンB17(アミグダリン)。ビタミンB群でありながらも、その存在は医療関係者などの間でもいまだに議論が絶えません。

  • 「標準治療以外、受けさせてもらえない」という状況下が招いている現実

    「標準治療以外、受けさせてもらえない」という状況下が招いている現実

    日本ではがんが原因で一年間に35万人が亡くなっていると言われています。そして平均寿命が延びた影響もあってか、先進国の中でもがんの治癒率が悪いです。これには「標準治療以外、やらせてもらえない」という状況も少なからず影響しているのではないでしょうか?

  • 悪性のがん細胞をカラダに負担をかけずに可視化することに成功【東京工業大学】

    悪性のがん細胞をカラダに負担をかけずに可視化することに成功【東京工業大学】

    東京工業大学 生命理工学院 生命理工学系の近藤科江教授と口丸高弘助教らは、腫瘍組織に存在する悪性化したがん細胞を、カラダに負担をかけない方法で可視化することに成功しました。

  • 風邪薬は、がんの広がりを止めることができる。研究で立証される

    風邪薬は、がんの広がりを止めることができる。研究で立証される

    北海道大学の研究者らが、風邪薬に含まれている非ステロイド系抗炎症薬は進行性の膀胱癌の広がりを止めるだけでなく、抗がん剤の副作用を減少させることを発見しました。

  • 迷ったときに思い出したい、癌のステージと、抗がん剤治療で得られる効果 その②

    迷ったときに思い出したい、癌のステージと、抗がん剤治療で得られる効果 その②

    前回、なんとなくで始めないための抗がん剤治療のことを掲載しました。第二回目となる今回は、抗がん剤治療と癌のステージについて掲載していきます。

  • 世界初!難治性スキルス胃癌の病態を解明。新規治療法の開発に成功する

    世界初!難治性スキルス胃癌の病態を解明。新規治療法の開発に成功する

    八代 正和 准教授(医学研究科 腫瘍外科学・難治がんTRセンター 副センター長)および、日野 雅之 教授(血液腫瘍制御学)らのグループは、予後が極めて悪いことで知られているスキルス胃癌の難治性の原因を世界で初めて解明し、その機序に基づいた新しい治療法の開発に成功しました。