介護

  • エキサイティングなゲームは『軽度認知症』を予防する、最新知見

    エキサイティングなゲームは『軽度認知症』を予防する、最新知見

    認知症を予防できる効果が科学的に示されているのはこれまで、運動とマルチタスクのみでした。アメリカ合衆国ミネソタ州チェスター市に本部を置く総合病院であるメイヨークリニックが2017年1月30日、少し興味深い知見を公開しています。

  • アルツハイマー型認知症の症状を回復できる可能性が、実験モデルで明らかにされる

    アルツハイマー型認知症の症状を回復できる可能性が、実験モデルで明らかにされる

    アルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)は、記憶などの脳の認知機能の異常を主症状とする疾患です。この疾患においては、脳内に異常タンパク質であるAβが蓄積し、その影響によって神経細胞に様々な異常が現れると考えられています。 重要なものとしては、タウタンパク質と呼ばれる細胞骨格を形作るタンパク質の異常、シナプスの構造・機能の異常などがあげられます。

  • 【医療雑学】カラダの「老化」に関する5つの都市伝説

    【医療雑学】カラダの「老化」に関する5つの都市伝説

    気だるさ、無理が利かないなど、後ろ向きな言葉を連発しながら、自分に鞭を打って仕事や生活を励んでいる毎日。今回は老化にまつわる説をご紹介します。

  • 介護職員の超多忙な1日

    介護職員の超多忙な1日

    超高齢化社会を迎えた日本では介護施設は増え続けていますが、施設を支える介護職員の人手不足と離職率の問題が指摘され続けています。団塊の世代が75歳以上になる2025年には介護職員が38万人不足する見込みです。誰もがいずれ抱える「老い」に対して、高齢者を支える介護職員はどのような仕事をしているのでしょうか。

  • 将来的に老人性認知症の進行を止めることができるかもしれない?

    将来的に老人性認知症の進行を止めることができるかもしれない?

    高齢者の増加にともない、老人性認知症(アルツハイマー病、レビー小体型認知症、脳血管性認知症などの総称)の患者が増えています。加齢による物忘れや、思考力の低下、感情のコントロールがうまくいかなくなる、などが主な症状です。

  • 中年以降の肥満と、脳の萎縮との関連性について。最新の報告

    中年以降の肥満と、脳の萎縮との関連性について。最新の報告

    中年以降は基礎代謝の低下やホルモンのバランスなど、さまざまな要因によってどうしても太りやすくなります。肥満は生活習慣病を引き起こすため、注意しなければなりません。

  • アルツハイマー症候群に「ドラッグが効く」のか?

    アルツハイマー症候群に「ドラッグが効く」のか?

    もし臨床実験で効果があることがわかったら、医薬品研究の歴史がひっくりかえるほどの影響があるかもしれません。 というのも、「ドラッグがアルツハイマーの治療に使われる可能性がある」からです。

  • アリスのままで×若年性痴ほう症 働き盛りに忍び寄る病とは?

    アリスのままで×若年性痴ほう症 働き盛りに忍び寄る病とは?

    昨年映画になりロングランを記録した「アリスのままで」。今年はブルーレイとDVDも発売されました。この映画のあらすじと共にこの痴ほう症について理解していきたいと思います。

  • 脳細胞の死滅は、サプリで防げるかもしれない?究極の組み合わせをした実験結果

    脳細胞の死滅は、サプリで防げるかもしれない?究極の組み合わせをした実験結果

    海馬にある以外の脳細胞は年齢とともに減少するというのが今までの一般認識でした。記憶力が落ちたりするなどで実感することもあるかと思います。しかしマウス実験の段階ではありますが、サプリメントの摂取によって防げる可能性がでてきました。

  • あなたは大丈夫?アルツハイマーの前兆を見抜く、35の質問 

    あなたは大丈夫?アルツハイマーの前兆を見抜く、35の質問 

    最近では、ごく単純なアンケートに答えるだけで、アルツハイマーの初期症状が判断できると言われています。アルツハイマーの初期症状といわれている軽度行動障害(MBI)が、チェックリストの質問に答えるだけで診断できるそうです。

12