子ども

  • 腸内細菌が与える子供の発達への影響(その1)お母さんの腸内環境が赤ちゃんの発育を左右するかも?

    腸内細菌が与える子供の発達への影響(その1)お母さんの腸内環境が赤ちゃんの発育を左右するかも?

    風邪やインフルエンザが蔓延する季節、うがい・手洗いを徹底させたり、食事内容を考えたりと、子供のウイルス対策にあれこれ気を遣われるお母さんは多いだろうと思います。 それを考えると子どもの腸内細菌だけでなく、母もまた 年がら年中、愛する子供たちの体内に侵入しようとする雑菌たちと戦っている訳です。

  • 妊娠中の運動は、赤ちゃんの正常な発達に関連することが医学的に解明される

    妊娠中の運動は、赤ちゃんの正常な発達に関連することが医学的に解明される

    低下するとうつや学習記憶能力の低下を招くことが知られている脳由来の神経栄養因子「BDNF」。
これの低下が母親の気分に影響を与えるだけでなく、新生児の発達(低出生体重)に関連するという知見が発表されています。

  • ひょっとしてあなたの周りにも?「インディゴチルドレン」

    ひょっとしてあなたの周りにも?「インディゴチルドレン」

    人のココロの痛みに敏感。賢くてクリエイティブなところがある。のらりくらりしているようで、無意味なことに耳を傾けない意志の強さ。そんな人はひょっとしたら、「インディゴチルドレン」かもしれません。

  • タバコを吸っている妊婦さんのお腹の中の映像 その②

    タバコを吸っている妊婦さんのお腹の中の映像 その②

    前回、妊娠中にタバコを吸うと胎児のアトピー性皮膚炎の発症リスクを高めるという知見をご紹介しました。第2回目となる今回の記事では、タバコを吸う妊婦さんのお腹の中の映像をご紹介します。

  • 妊娠中にタバコを吸うリスクが…また一つ解明される。その①

    妊娠中にタバコを吸うリスクが…また一つ解明される。その①

    タバコのパッケージには面積のおよそ30%を使用して、こうした注意書きがなされています。『妊娠中の喫煙は、胎児の発育障害や早産の原因の一つとなります。疫学的な推計によると、たばこを吸う妊婦は吸わない妊婦に比べ、低出生体重の危険性が約2倍、早産の危険性が約3倍高くなります』

  • 現代社会に増える子どもの便秘、便が一週間出なければ人のカラダはどうなるのか?

    現代社会に増える子どもの便秘、便が一週間出なければ人のカラダはどうなるのか?

    横浜市の東部病院が、3500人余りの子供を対象に調査した結果、「20%が便秘を患っていて、52%が便秘傾向にあった」ことが昨年発表されました。実に7割の子供たちが便秘に悩んでいるとは…正直驚きです。

  • 赤ちゃんに天然オイルのマッサージ、後に肌トラブルを招く危険性も…

    赤ちゃんに天然オイルのマッサージ、後に肌トラブルを招く危険性も…

    小さな子供を持つ親たちの間で、オリーブオイルやひまわり油を使用したベビー・マッサージが流行しているそうですが、それはもしかしたら間違ったケア方法なのかも知れません。

  • [ 子供を整形美人にしたがる親たち ]~思惑と引きかえに失うもの~

    [ 子供を整形美人にしたがる親たち ]~思惑と引きかえに失うもの~

    「整形美人」「プチ整形」こんな言葉がメディアに登場してからずいぶんと時間が経ちます。大人が、美しい顔や体を手に入れたくてバストを大きくしたり、鼻の形を変えるなどは珍しいことでなくなりました。

  • 近親相姦で、メリットを得られる生物は存在している

    近親相姦で、メリットを得られる生物は存在している

    近親相姦、現代ではもはやタブーとされるこの行為がなぜいけないのか?また、その利点とは何なのか?とある化学レポーターのアンナ・ロートシルトさんが説明していたので、それを元に簡単に掲載していきます。

  • 咳止め・鎮痛薬の「コデイン」はモルヒネなので過剰摂取は厳禁。子どもの死亡例も報告されている。

    咳止め・鎮痛薬の「コデイン」はモルヒネなので過剰摂取は厳禁。子どもの死亡例も報告されている。

    国内でも市販されている「コデイン」は、咳や痛みを抑えるお薬ですが、モルヒネと同じなので過剰摂取しないように気をつけましょう。コデインを摂取した子どもの死亡例も報告されています。