子ども

  • 手作りが必ずしも良いわけではない!離乳食ってつくるの大変…そんなママに朗報です!

    手作りが必ずしも良いわけではない!離乳食ってつくるの大変…そんなママに朗報です!

    なかなか凝ったものを作る時間がなく、ついつい既製品に頼りがちな離乳食。研究によると、手作りの料理が必ずしも既製品よりヘルシーではないことがわかったのです。

  • 「耳の感染症」に効く、自然療法トップ5

    「耳の感染症」に効く、自然療法トップ5

    耳は「内側」「中間」「外側」の3つの部分で構成されています。子どもたちの多くはウイルスや細菌によって引き起こされる耳の感染症を患います。中でも深刻なのは内耳の感染症です。

  • トゥレット症候群 チックで何が起こっているのか

    トゥレット症候群 チックで何が起こっているのか

    トゥレット症候群とは、チックと呼ばれる症候群です。これは、神経発達症に含まれます。 小児期に発症する病気で、多種類の運動チックと1種類以上の音声チックが1年以上にわたって続きます。

  • パパの肥満、娘の将来にも影響を与えているかも…その驚くべき研究結果とは?

    パパの肥満、娘の将来にも影響を与えているかも…その驚くべき研究結果とは?

    妊娠中の肥満が胎児に悪影響を与える、というのはよく言われていますが、母親だけでなく、父親の肥満も胎児に影響を与えることが分かりました。

  • 妊婦さんはタバコの煙に注意!受動喫煙が、生まれる子の障害リスクを増加させる

    妊婦さんはタバコの煙に注意!受動喫煙が、生まれる子の障害リスクを増加させる

    妊娠中の母親の職場での受動喫煙が、「生まれた子の行為問題や多動問題のリスクを増加させる」という、世界で初めての研究成果が学術誌「Environmental Research」に掲載されました。発表したのは愛媛大学の共同研究チームです。

  • 赤ちゃんの「亜鉛欠乏症」が、年々ジワリジワリと増えてきている。原因は母乳からか。

    赤ちゃんの「亜鉛欠乏症」が、年々ジワリジワリと増えてきている。原因は母乳からか。

    母乳中の亜鉛が少なくなる「低亜鉛母乳」をもたらす遺伝的な変異の中で、今まで国内で報告されていなかった変異が複数確認されました。低亜鉛母乳は赤ちゃんの亜鉛欠乏症の原因として知られています。その遺伝的な要因も明らかにされてきましたが、症例の報告数が少なかったため、発症リスクの度合いなどは知られていませんでした。本研究成果を発表したのは神戸大朋 生命科学研究科准教授らの研究グループです。

  • 無事に子供を生めるだろうか?出産が不安なあなたに贈る「胎児からの声」

    無事に子供を生めるだろうか?出産が不安なあなたに贈る「胎児からの声」

    ムーニーから、お母さん・お父さんへ、胎児がおくれる唯一のメッセージ音源が公開されています。

  • 二人目、三人目…妊娠間隔の短さが影響する精神疾患。その考えられる理由

    二人目、三人目…妊娠間隔の短さが影響する精神疾患。その考えられる理由

    二人目、三人目の妊娠間隔が自閉症リスクに関連する、という研究結果が米カイザー・パーマネンテ研究部門(カリフォルニア州)の研究チームによって発表されました。 この知見は出産から次の妊娠まで2年以上あけることを推奨しているWHO(世界保健機関)の勧告にも一致するといいます。

  • 発達障害の子どもたちを教育していく上で、心がけたい3点

    発達障害の子どもたちを教育していく上で、心がけたい3点

    前回の記事では、発達障害の人たちになぜ天才が多いのか?その理由を発達障害の特性から考察しました。 第2回目となる今回の記事では、発達障害のこどもたちを教育していく上で、心がけたい3点のことを掲載していきます。

  • ADHDの子どもの腸内フローラを良くする4か条

    ADHDの子どもの腸内フローラを良くする4か条

    前回、子どものADHDの定義や、その特徴を掲載してきました。第二回目となる今回は、ADHDの子どもの腸内フローラを良くするために知っておきたいことを掲載してきます。