生活習慣病

  • 最近の若者の睾丸は小さくなってきているという話の裏側

    最近の若者の睾丸は小さくなってきているという話の裏側

    環境ホルモンの影響で睾丸が小さくなってきている、という話を耳にしたことはないでしょうか?いわいる「内分泌かく乱化学物質」と呼ばれるものの影響が男性の睾丸サイズに出ていると、懸念されているわけです。せっかくなので今回はその辺りのことを少し掲載していくことにします。

  • 夫に手を出し、夫婦仲に亀裂。閉経後の女性に訪れた疲労と痛みの正体

    夫に手を出し、夫婦仲に亀裂。閉経後の女性に訪れた疲労と痛みの正体

    御歳49歳になるアリソンは、2度目の結婚を控え、疲労と痛みを抱えていた。 歳も歳だし、中年以降の女性ではよくあること、と特に何のケアもせず、放っておいたが、物事はさらに悪化しているように思えた。

  • 病が作られやすい酸性生活をリセットして、アルカリ生活を意識しよう!

    病が作られやすい酸性生活をリセットして、アルカリ生活を意識しよう!

    病が繁殖する理想的な環境は酸性です。私たちの肺、骨、脳、心臓、肝臓、腎臓、胃、腸などの臓器のPHバランスが過剰な酸性状態になれば、病を引き起こすリスクは必然的に高くなります。 ちなみに、穀物、乳腺品、大豆、肉のほとんどは酸性です。コーヒーやアルコール、加工食品、GMOオイル(遺伝子組換え)も酸性度が高いです。

  • 毎日の『お茶』から、健康になる方法

    毎日の『お茶』から、健康になる方法

    春夏秋冬、季節の変わり目に発症確率が増加する季節性の感染症に対応する家庭で出来るオーガニック療法をご存知でしょうか。一つでも知っておくと、もしもの時のために役立つかも知れません。ここでは家庭で出来る急な発熱の対処術を少しご紹介していきます。

  • 現代では若い人も要注意。心臓病について知っておくべきこと

    現代では若い人も要注意。心臓病について知っておくべきこと

    心臓病と聞いて、あなたはどこまで知見を話すことができますか?今では若い人も要注意である心臓病について、予防方法も合わせて掲載していきます。

  • 腸内フローラの真実 その②

    腸内フローラの真実 その②

    前回、腸内フローラについて3つ掲載しました。第二回目となる今回は引き続き、腸内フローラの真実④、⑤を掲載していきます。

  • 夜中に突然お腹が空いたら

    夜中に突然お腹が空いたら

    突然話は始まりますが、あなたは夜中お腹が減ることないですか?某ロックバンドの替え歌ではないですが、寝ようと思って床に入ったら、お腹が減りすぎて眠れないという状態はほとんどの方が経験する瞬間なのではないでしょうか。

  • 腸内フローラの真実 その①

    腸内フローラの真実 その①

    腸内には数には諸説ありますが、100種100兆個の腸内細菌が生息しています。腸は第二の脳とも呼ばれるくらい人体の健康状態を左右する大切なポジションで、その重要さは世界中の多くの研究者により、解明されてきています。

  • カルシウム不足が気になる?いつも使用する食品で、理想的なカルシウムが補給できる。

    カルシウム不足が気になる?いつも使用する食品で、理想的なカルシウムが補給できる。

    カルシウム不足が気になる方に、日常よく使うものでカルシウムを補給する方法をご紹介します。知っておいて損はありません。

  • 乳酸菌の効果を高める摂取の仕方。生活習慣病を予防しよう

    乳酸菌の効果を高める摂取の仕方。生活習慣病を予防しよう

    乳酸菌にはさまざまな効能がありますが、生活習慣病を予防する役割も果たすということをご存じでしょうか。乳酸菌についての知識を高めるとともに、積極的に摂取して生活習慣病の予防に役立てていきましょう。