お薬・サプリメント

  • 漢方薬を知ろう!(第2回)日本で発展した漢方薬

    漢方薬を知ろう!(第2回)日本で発展した漢方薬

    漢方薬の歴史(後編)は日本の動きを見ていきましょう。漢の時代に中国で確立された漢方は、その後どのような経緯を経て日本に入り、発展して行ったのでしょうか?

  • 漢方薬を知ろう!(第1回)中国に漢方薬はない!

    漢方薬を知ろう!(第1回)中国に漢方薬はない!

    近頃人気の漢方薬! 確かに、中身や安全性が確信出来ないサプリメントとは異なり、安心という部分は大きいでしょう。しかも、薬ではないため、副作用がないとか、飲むだけで痩せられるものがあるなどと噂する人もいて、益々支持率を上げているようです。

  • 高濃度ビタミンCの投与後、3日でジカウイルスを治療できた事例が話題に

    高濃度ビタミンCの投与後、3日でジカウイルスを治療できた事例が話題に

    経口水疱、発熱、発疹、頭痛と、ジカウイルスの典型的症状が現れていた54歳の女性がわずか3日間の高濃度ビタミンCの投与でジカウイルスの克服に成功しています。

  • 「大麻は医療品である」保健当局が認めるが… イギリスの大麻事情 その❷

    「大麻は医療品である」保健当局が認めるが… イギリスの大麻事情 その❷

    大麻(カナビス)の医療効果の是否が世界的に問われています。当サイトでも以前に「医療用大麻の是非を問う事例が、世界的に増えてきている」という記事でご紹介しました。

  • 男性用の新避妊技術が開発される。発売は早ければ2021年か。

    男性用の新避妊技術が開発される。発売は早ければ2021年か。

    英国の科学者が、男性用ピルとも呼べる「避妊技術」を開発しました。早ければ2021年には完成する見通しです。

  • 大麻について知っておくべきこと。テトラヒドロカンナビノールと、カンナビジオールの違いなど

    大麻について知っておくべきこと。テトラヒドロカンナビノールと、カンナビジオールの違いなど

    今、多くの医療用大麻の可能性が説かれています。 マリファナというとほとんどの人が化学製品である「テトラヒドロカンナビノール」を連想するとは思いますが、これが含まれていないものもあります。

  • 医療用大麻の是非を問う事例が、世界的に増えてきている

    医療用大麻の是非を問う事例が、世界的に増えてきている

    大麻の効果については賛否両論がある「医療大麻」。日本でもつい最近、裁判となったため覚えている方も多いのではないでしょうか。もちろん現状は、法的にドラッグと認識されているため、国内における使用は違法となります。

  • タスマニアデビルから出る「母乳」は、抗生物質が効かないスーパーバグに有効

    タスマニアデビルから出る「母乳」は、抗生物質が効かないスーパーバグに有効

    袋を持っている動物の母乳には、MRSAを含む伝染病を殺すことができる重要なペプチド(アミノ酸とたんぱく質の中間の性質を持つ成分)が含まれている、シドニー大学チームが発表しました。

  • マリファナの喫煙は肺がんを引き起こすか?もしくは肺機能を損なわないか?

    マリファナの喫煙は肺がんを引き起こすか?もしくは肺機能を損なわないか?

    30年以上、UCLAの医学と雑草の肺への影響を研究してきた米国の名誉教授である、Donald Tashkin 博士はかつて、マリファナが肺がんの原因となることを証明しようとしました。 平均的なマリファナの喫煙は肺がんを引き起こすか、または肺機能を損なわない、そのどちらかを結論するためです。

  • HIVに感染した英国の男性(44)が担う、HIV治療の未来。

    HIVに感染した英国の男性(44)が担う、HIV治療の未来。

    HIVに感染したとある男性を治療する科学者は、彼に期待を寄せています。彼が協力しているプロジェクトによって、HIVを根治する治療法が確立されるかもしれないからです。