メンタル

  • 摂食障害から抜け出すための考え方

    摂食障害から抜け出すための考え方

    摂食障害とは、極端な食事制限や過度な食事の摂取を繰り返すなど食事量のコントロールができず、心身ともに健康に深刻な影響をおよぼす病気です。

  • 疾患者が語る、パニック障害体験

    疾患者が語る、パニック障害体験

    東京都在住の美佳さん(仮名)34歳は、ある日突然激しい動悸や呼吸困難などの発作的症状に襲われました。 慌てて病院の内科を受診したものの、診断の結果は特に異常はなし。しかし、あの感覚をはっきりと覚えていた美佳さんは「また発作が起きるかもしれない。」いう恐怖心に苛まれるようになります。

  • 職場のストレスで体調を崩していた静香さんが改善できた体験談

    職場のストレスで体調を崩していた静香さんが改善できた体験談

    静香さん(仮名)【27歳】は、仕事のストレスが理由で、ちょっとしたことでイライラしたり落ち込んだり、頭痛や腹痛、肩こりなど、日常生活にも支障をきたすような状態が多くあったそうです。 しかし、ある出会いがきっかけでそんな苦しかった日常から抜け出せた、と生き生きと話してくれました。

  • 英語圏の人にとっても、「ごめんなさい」はもっとも癒される言葉

    英語圏の人にとっても、「ごめんなさい」はもっとも癒される言葉

    「ごめんなさい」は、日本だけでなく、英語圏の人達にとっても最も癒される言葉です。その傷心効果と合わせて、音と言葉について掲載していきます。

  • 自律神経失調症を徐々に克服し、着実に回復へ進んだ体験談

    自律神経失調症を徐々に克服し、着実に回復へ進んだ体験談

    最近、テレビの健康番組や雑誌などで、盛んに“自律神経”の話題が取り上げられています。一番有名なのが自律神経失調症。実は、自覚症状はあるのに検査をしてもはっきりした原因が見つからないため、安易に診断されているものだといいます。有名なお笑い芸人さんや、女優さんなどが患い、克服したことでもネットで取り上げられてます。

  • 人前に出ると緊張、人の目が気になるという社会的不安障害。克服した女性の体験談

    人前に出ると緊張、人の目が気になるという社会的不安障害。克服した女性の体験談

    某文具メーカーで企画部に務める薫さん(仮名)31歳は、2年前に重要な会議で大勢の前で自分が企画した商品のプレゼンテーションを予定。しかし会議の30分前に極度の緊張から、身体が震え、発汗し動悸して倒れてしまった。その後、人前に出る場面になると赤面し、緊張と震えが止まらなくなり、出来るだけ人前で話すことを避けるようになった。

  • 重いうつ病にも認知行動療法は有効。マインドフルネス瞑想と組み合わせることで効果が上がる

    重いうつ病にも認知行動療法は有効。マインドフルネス瞑想と組み合わせることで効果が上がる

    うつ病に対する認知行動療法(※1)の効果は軽度のうつ病をもっている人のみ、という印象がこれまでありましたが、その概念をひっくり返す研究が京都大学 大学院 医学研究科らのグループから発表されています。

  • 数分間でパッと出来るストレス解消法

    数分間でパッと出来るストレス解消法

    我々が生きている限りストレスはついて回ります。それはどんな地位にいてもです。端から見ればストレスのたまらなそうなポジションでもその地位にはその地位のストレスがあります。ここでは知っておくだけで、サッとできるストレス解消法をいろいろご紹介していきます。

  • 本当に男女間における脳の違いはあるのか?扁桃体を調べた最新知見が発表される

    本当に男女間における脳の違いはあるのか?扁桃体を調べた最新知見が発表される

    男と女は水と脂で、理解し合うことはないと一般的に思われており、察する能力が違うとか、男性の方が理論的で、女性は感情的だと、脳の構造に違いがあると一般的には言われていますが、科学的にその根拠はありません。

  • 食べすぎる・食べられない、摂食障害は18歳未満の子たちだけの問題ではない。今注目の集まる未来の医療技術

    食べすぎる・食べられない、摂食障害は18歳未満の子たちだけの問題ではない。今注目の集まる未来の医療技術

    摂食障害は18歳未満の若い人たちだけの問題ではない。彼女たちは沈黙し、苦しんでいるー 一般的に、10歳代の若い女性が外見を病的に気にすることで引き起こされやすい、と思われている摂食障害ですが、これは何も若い女性だけに起こることではありません。