ニュース

ゆうきゆう先生の新刊「マンガで分かる肉体改造」をレビュー。話題の糖質制限食を紐解いていく1/1

マンガで分かる心療内科でおなじみ、ゆうきゆう先生が新刊である「マンガで分かる肉体改造 ~糖質制限 & 肉食主義編~ 」を5月2日、刊行されました!刊行された新刊を使用して、糖質制限食について簡単に掲載していきたいと思います。

前回の予告(※)であったように、今回はゆうきゆう先生の新刊「マンガで分かる肉体改造」から、『糖質制限食について』いくつかピックアップしてお届けします。

併せて、僭越ながら私が本書のレビューもさせていただいておりますので、どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

前回の記事

マンガで分かる肉体改造 ~糖質制限&肉食主義編~

ゆうきゆう・原作者

東京(池袋・上野・秋葉原・渋谷・新宿)にある 6つの「ゆうメンタルクリニック」の総院長。「相手の心を絶対に離さない心理術」他、著書多数。会員数世界最大の心理学サイト「心理学ステーション」を運営。ゆうメンタルクリニックでは、体重測定や食事管理なども含め、糖質制限食の指導もしている。http://sinri.net/

ソウ・漫画家

ゆうき氏とタッグを組んでスタートしたマンガが インターネット上で注目を集める。「大人の1ページ心理学」「マンガで分かる心療内科」が大人気作となる。現在は「モテるマンガ」「マンガで分かる肉体改造」も連載中。読みやすく分かりやすい、爽やかな画風が人気。

インデックス

精神科医ゆうきゆう,ゆうきゆうのメンタルクリニック,東京,マンガで分かる肉体改造,糖質制限食について

  • ~ 第1章 ~
    糖質制限食のメイン
  • ~ 第2章 ~
    糖質制限しなくても、痩せている人の理由
  • ~ 第3章 ~
    「油」は、植物性のトランス脂肪酸よりも動物性の脂質を意識する

『糖質制限食のメイン』

糖質制限では、栄養の大半が多く詰まっていて、尚且つ、炭水化物ではない食材「肉」「魚」「卵」「チーズ」をメインに、カラダに必要なタンパク質を摂っていきます。

精神科医ゆうきゆう,ゆうきゆうのメンタルクリニック,東京,マンガで分かる肉体改造,糖質制限食について

  • 「肉」「魚」「卵」「チーズ」だけでも、必要なエネルギーの大半をカバーできる。

糖質が「糖尿病」「肥満」の原因になるため、糖を制限すると、体脂肪が減り、筋肉が増えます。
脂質は細胞膜やホルモンの材料になり、脂溶性のビタミンであるビタミンA・D・E・Kなどの吸収を助けてくれる大切な存在です。

糖質制限しなくても、痩せている人の理由

糖質を気にしなくとも、痩せている人の「理由」が本書に 2つ描かれています。

精神科医ゆうきゆう,ゆうきゆうのメンタルクリニック,東京,マンガで分かる肉体改造,糖質制限食について

  • 中でも注目点は、糖質を摂ることで上昇した血糖値を下げるために分泌されるインスリンの働き。

痩せている(インスリンが効きやすい体質だから)といって、「糖質を気にせず、たくさん摂取していい」ということではありません。


安心して糖質を摂りすぎていると、インスリンを出すすい臓が疲労し、インスリン感受性が低下した結果、糖尿病になってしまう可能性があるので注意しましょう。

「油」は、植物性のトランス脂肪酸よりも、動物性の脂質を意識する

多くの種類の脂肪酸が、バランス良く含まれている脂質は、肉の脂とバターです。

精神科医ゆうきゆう,ゆうきゆうのメンタルクリニック,東京,マンガで分かる肉体改造,糖質制限食について

  • 植物性脂肪である「人工的なトランス脂肪酸」よりも、動物性の脂質を摂っていく方が健康的。

バター・肉・魚・卵・チーズを中心的に、たんぱく質・脂質を摂取していきましょう。

ゆうきゆう先生流の覚え方『バニ〜たち』

…バター
…ニク
…波=魚介類
…たまご
…ちーず


精神科医ゆうきゆう,ゆうきゆうのメンタルクリニック,東京,マンガで分かる肉体改造,糖質制限食について

『糖質制限食について』よくある誤解 Q&A

糖質を制限していると、ブドウ糖をエネルギーとしている脳が働かなくなる、または、低血糖症になるのでは?

  • A. 糖を抜いても、脳が働かなくなることはありません。

糖質の代わりにケトン体という物質が働くので、脳の機能は保たれます。
また、肝臓には「糖新生,とうしんせい」というたんぱく質の一部を分解し、ブドウ糖を生産する機能があります。

糖質制限食を始めると、肉ばかりを過剰に食べてしまうようになるのでは…?

  • A. 肉はそんなに食べられません。

実際に糖質制限食をやってみると分かりますが、肉はそんなに量食べられません。意外とすぐに、もういいや…という感じになります。

ご飯、食べたいんですが?

  • A. 夜ご飯の糖質を抜きましょう。

「ご飯は好きだし、食べたいから糖質制限は無理だ!」なんて方は、毎日 3 食の内、1 食だけ糖質制限食にしましょう。

夜はあまり動かないので、糖質が消費されにくい状態です。
朝や昼に糖質を摂っても、出歩いたり、頭を使ったりするので糖質が消費され、脂肪は溜まりにくいですが、夜は部屋でまったりされる方が多いかと思います。

つまり、糖質を一番抜くべきタイミングは「夜ご飯」ということになります。


糖尿病で血糖降下剤やインシュリンを使用している方は、糖質制限を始める前に先生とよく相談してください。

ゆうきゆう先生の「マンガで分かる肉体改造~糖質制限&肉食主義編~」をレビュー

精神科医ゆうきゆう,ゆうきゆうのメンタルクリニック,東京,マンガで分かる肉体改造,糖質制限食について

マンガで分かる心療内科でもそうですが、さながらマジックのようなゆうきゆう先生の引き出しの豊富さには 本当に驚かされます。

衰え知らずの伝家の宝刀は未だ健在、ということでしょうか。
わかりやすさ・啓発力・内容・画風、すべてにおいて素晴らしいの一言です。

糖分を制限し、白血球のエサになる上質なタンパク質を摂っていくことは、がんの治療でも提唱されている食事法でもあります。やってみたい方は是非。

肥満と糖質制限食についてのまとめ

● 糖質とは、炭水化物のことである(ご飯・パン・麺類・ビール…etc)

● カラダが太ってしまう最大の原因は炭水化物(糖質)の摂取による、インスリン分泌である。

● 糖を制限すると、体脂肪が減り、筋肉が増える。・炭水化物を控え、動物性のたんぱく質と脂質をメインに摂っていく。

● 植物性の人工的なトランス脂肪酸などの脂質よりも、動物性の脂質を摂っていく。

● 脂質は細胞膜やホルモンの材料になり、脂溶性のビタミンであるビタミンA・D・E・Kなどの吸収を助けてくれる。


《出典》