ニュース

目の下のクマ、消し方教えます。1/1

目の下のクマ、東洋医学的には“老化の前兆”と呼ばれています。顔は臓器の鏡と表現されることもあることから、臓器の状態が顔に出ているわけですね。綺麗な顔を保つには、「臓器から健康に若々しく」を意識していきましょう。

東洋医学からみる「目の下のクマ」原因

目の下のクマ原因は大きく分けて2つあります。
ひとつは腎虚(じんきょ)、もうひとつが瘀血(おけつ)です。

それぞれ解説していきましょう。

(1)腎虚(じんきょ)

腎虚とは、簡単に言えば「老化」のことです。
実感するものとして、疲労感や生殖機能の衰え、腰痛、頻尿、抜け毛などがあります。

これらの症状は寝不足により悪化します。

(2)瘀血(おけつ)

瘀血とは、血行が悪くなっている状態です。
実感するものとしては、生理痛や頭痛、肩こり、手足のしびれや低体温などがあります。

目の周りの皮膚はティッシュペーパーほどの薄さしかなく、血液やリンパの滞りが色として見えやすくなる部位です。

「目の下のクマ」を取り除くツボ

目の下のクマを取り除くツボを、“四白(しはく)”と言います。
少し痛気持ちいいくらいの強さで押してみましょう。

5秒押して離すという動きを5回ほど繰り返すと、目の周りの血行を良くして老廃物を流してくれます。

四白は、顔全体の血行を良くしてくれるので、アンチエイジングに効果的です。
眼精疲労や偏頭痛、めまいなどの時にも押してみてください。

目のクマを解消するおすすめの食事

腎臓を強くする食材は、基本的に黒いもの。ねばるものです。

強くしたい方はクルミ、黒ごま、黒豆、黒きくらげ、ひじき、山芋、ナマコ、なめこ、オクラ、そら豆等を普段の食事にプラスしてみてください。もちろん、十分に睡眠をとることもお忘れなく。