ニュース

身体を動かさなくても、「筋肉を鍛えられる」驚きの方法1/1

健康的な身体でいたい、と思っている人はたくさんいますが、なかなか忙しくて運動する時間がないのも事実。特に夏に向けてシェイプアップしたい人も多いはず。 そんな人のために、科学者がすごいことを発見しました。

a8fed097a879b410d22ac9f0fadca08d_s

神経科学の分野から、

運動する自分を想像するだけで、実際に筋肉増強が可能だ。

との説を発表したのは、Michael Mosley教授研究チーム。

この説は、アスリートが「ライバルより自分のほうが優れている」と思い込むときに使う、“Mental Imagery”“Motor Imagery”と呼ばれるイメージトレーニングと同じ手法です。

調査結果

今回の研究では、多発性硬化等により、運動をしたくてもできない人を含めた7名のボランティアに1か月、週5回のメンタルエクササイズを行ってもらいました。

調査前に、「腓腹」というふくらはぎの筋肉量、筋肉の強さを測定した後、筋トレをしているイメージをしてもらうという形をとりました。

少なくとも一週間に15分、50回は筋肉を動かしているイメージをしてもらい、1か月後にまた筋肉量等を測定しました。

驚くことに1か月後のトレーニング後、筋肉の強さは平均8%上昇!

結果、1人の女性は数値が33%も上昇したのです。

筋肉の強さは変わりましたが、筋肉量は増えていませんでした。

“すごい結果だよ。筋肉自体を大きくするのが目的ではなかったから、筋肉量は増えなかったけどね。” 

By Mosley教授

どうしてこんなことが可能なの?

電気刺激による測定で、その答えが明らかになりました。

筋肉を動かしているイメージをすることで、被験者は筋肉繊維を普段より使っていることが分かったのです。

  • つまり、普段、筋肉繊維を50%程度しか使っていない被験者は、70%近く使うようになっていた。ということです。

脳はイメージトレーニングでリハーサルをしていた場合、普段よりも多くの筋肉を活性化させるよう指示を出すようです。

神経科学の分野では、以前から「脳と身体は密接な関係がある」と、ずいぶん前から立証されていたため、科学者にとっては驚愕の結果…!というわけでもないようです。

考えるだけで理想的なボディを手に入れることは難しいと思いますが、仕事中のイメージトレーニングで少しは効果が期待できるかも?!

written by はなもと瑠唯。

参照: