ニュース

【薄毛にならないシャンプーの仕方①】シリコンシャンプーは本当に頭皮に悪い?1/1

最近、ノンシリコンシャンプーが注目されていますが、シリコンの有無だけで選んでも大丈夫でしょうか。 シリコンは、キューティクルが剥がれ落ちている部分に付着しやすいコーティング剤で、髪に被膜を作ります。 表面的にサラサラつやつやになりますが、髪の中から補修して強くするものではありません。

dfb24ce2f744733da2d1866e1e558bec_s

シャンプー中にキューティクルが壊れるのを防いだり、髪どうしの摩擦を減らしたり、ドライヤーの熱から髪を守ったり…

シリコンは、「広がりやすい髪をしっとりまとめる」というメリットもありますが、「頭皮の毛穴を詰まらせ、抜け毛の原因になる」という噂もあり、最近避けている方も多いです。

しかし毛穴を詰まらせ、抜け毛や薄毛の原因になるという噂は、根拠が明白ではないとする説もありますので、よく検討する必要がありそうです。

シリコンは髪の表面をコートするだけ、浸透して保湿する効果は期待できません

シリコンが時間とともに剥がれ落ちていく時に、健康なキューティクルまで剥がしてしまうこともあり、シリコンに頼ったヘアケアを続けていると痛みを進行させる可能性があります。

シリコンシャンプーの見分け方としては、成分表示に、ジメチコン、シロキ、シリカ、メチコンという言葉が入っているかどうかで判断できます。     

<どうしてシャンプーにシリコンをいれるの?>

シリコンは、洗浄中のきしみや摩擦を抑え、指通りを良くするためのものであることはわかりました。

が、安全性が不明なシリコンをわざわざ入れなければ、シャンプーはできないのでしょうか?

まず、シャンプーの洗浄成分には、

  • 高級アルコール系界面活性剤
  • アミノ酸系界面活性剤
  • ベタイン系界面活性剤
  • 石けん系

などがありますが、

この中で、高級アルコール系界面活性剤は

  • 刺激が非常に強く、頭皮や髪を変性させてしまうくらい負担がかかり、トラブルを起こしやすい
  • 洗浄力が強く、頭皮の皮脂を過剰に取ってしまい、薄毛や乾燥やギシギシの原因になる。 
  • 少量でも泡立がよい
  • 原価が非常に安い
  • 食器用洗剤にもよく使われる

などの性質があり、低価格で大量生産されるシャンプーにはたくさん使われます。

そして、高級アルコール系界面活性剤のきしみや摩擦を抑え、指通りを良くしてくれます。

高級アルコール系洗浄成分の表示は

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウリス硫酸TEA
  • ラウリルベンゼンスルホン酸Na
  • オレフィンスルホン酸Na

などとなっています。なんだか硫酸なんてつくと怖いイメージがありますね。

ノンシリコンシャンプーの安全神話は崩れた?

 ノンシリコンシャンプーと宣伝している商品でも、頭皮に強い刺激を与えるラウレス硫酸や、ラウリル硫酸などの洗浄成分を使っているものや、シリコンと同様の性質の化学物質が含まれているシャンプーもあります。

「ノンシリコン」という言葉だけで判断せず、成分表示をよく確認することをお勧めします。

アミノ酸系シャンプーで、髪つやつやフサフサ

 髪は「ケラチン」というタンパク質からできており、そのタンパク質はアミノ酸で構成されています。

 成分表示にアミノ酸の名称が入っているアミノ酸系界面活性剤は、アミノ酸由来の天然成分を原料として作られていますので、アミノ酸を補うことで、ダメージを補修して健康的な髪になります。 

また、弱酸性成分であるため、低刺激で髪と頭皮に優しく、保湿力も高いです。
髪の摩擦を生じることも少ないため、シリコンを入れる必要もないです。

頭皮を守る皮脂を、適度に残しながら洗い上げるので、髪がペタンコにならず、髪がサラサラになります。 
このアミノ酸系シャンプーは、ふけ、かゆみ、薄毛、敏感肌、乾燥肌の方のお勧めします。

アミノ酸系洗浄剤の成分表示には次のようなものがあります。

  • ココイルグルタミン酸TEA
  • ココイルメチルアラニンTEA
  • ラウロイルグルタミン酸Na
  • ラウロイルメチルアラ二ンNa
  • ラウロイルアスパラギン酸Na
  • ラウロイルサルコシンTEA

ここで注意したいのは、アミノ酸系界面活性剤は少量しか入っていないのにアミノ酸シャンプーと宣伝している商品もありますので、信頼できる商品かどうか、見極める必要があります。

written by 坊ちゃん

次回の記事ではシャンプーに補助的に使用されていることの多い「ベタイン系界面活性剤」のことを記載していきます。