ニュース

ダイエット効果を期待するなら油のセレクトにこだわってみる その②1/1

何かと悪影響が叫ばれているキャノーラ油ですが、本当に悪影響しかないのでしょうか?第二回目となる今回はダイエット効果を期待する油セレクトについてです。

oil-in-water-1438382_640

前回、「キャノーラ油にも良いところがある!」ということを掲載しました。

第2回目となる今回は、キャノーラ油がダメだと言われる主原因「リノール酸」について掲載していきます。


キャノーラ油がダメだと言われる主原因が、リノール酸の存在


キャノーラ油がダメだと言われている主原因となっているのが「リノール酸」です。
これを過剰摂取すると、ガンや生活習慣病を引き起こしたり…と言ったよくある謳い文句ですね。

果たしてリノール酸には、本当に発ガン効果があるのか?

厚生労働省の資料があったので、キャノーラ油(n-6系脂肪酸)に対する基本的な考え方を引用させていただきます。

【基本的な考え方】

・n‒6系脂肪酸には、リノール酸(18:2 n‒6)、γ‒リノレン酸(18:3 n‒6)、アラキドン酸(20:4 n‒6)などがあり、γ‒リノレン酸やアラキドン酸は、リノール酸の代謝産物である。


・日本人で摂取される n‒6系脂肪酸の 98% はリノール酸である。リノール酸は植物に多く存在し、大豆油、コーン油、サフラワー油などの食用調理油が主要な摂取源である。


・γ‒リノレン酸は母乳や特殊な植物(月見草など)、アラキドン酸は動物組織 (肉、卵、魚など)に含まれている。


・生体内では、n‒6系脂肪酸をアセチル CoA から合成することができないので経口摂取する必要がある。


・食事性γ‒リノレン酸やアラキドン酸の人体への影響についての研究は少ない。

見てみると、植物油の主成分であるリノール酸は 体内で代謝されると、「γ‒リノレン酸」や「アラキドン酸」になることが書かれています。

そして、食事性の γ‒リノレン酸や アラキドン酸の人体影響についての研究は少ないということもです。

むしろ静脈に栄養補給されている患者(成人・小児)では、n‒6系脂肪酸欠乏症が認められているケースがあり、リノール酸( 7. 4~8. 0 g/日、あるいは2%)投与により、欠乏症が消失することも掲載されています。

そして、植物油と糖尿病の間についての関係性においても、植物油に含まれる脂肪酸の種類は明らかにされていなく、脳梗塞との関連を調べたコホート研究では、その関連性は認められていません。

そしてそして…「リノール酸の摂取量が増加すると、ガンのリスクを増加させる」という気にある噂についても触れられています。

メタ・アナリシス で、少なくとも、乳がん、大腸がん、前立腺がんの発症とは関連していないことが示されている。

最近の日本人の症例対照研究 でも、n‒6系脂肪酸摂取量の最小5分位(7. 98 g/日、3. 3% E)と最大 5 分位(15. 23 g/日、6. 3% E)とのあいだに、大腸がん罹患との関連は認められていない。

  • メタ・アナリシス(※2)複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること

公的機関でのリノール酸の身体影響については、まだよく分かっていないというのが正直なところのようですが、摂りすぎだけに注意しておけば、そこまで神経質になる必要もあまりない気がします。

ただ、商品を買う前に製造方法や含有成分について少し見ておいた方がよろしいかと思います。
中には、変な成分が余計に入っていたりするものもあるようですし。

厚生労働省は、リノール酸の多量摂取した場合のリスクについて 十分に解明されていないため、総エネルギー摂取量の10%をリノール酸( n‒6系脂肪酸)の上限目標量としています。



ダイエット効果なら、米ぬか油の方が強いか?


ご紹介したような植物性油のダイエット効果については過去、多くの研究で実証されてきましたが、その他の油には減量効果は期待できないのでしょうか?

実は栄養と食品科学・医学に関するイランのシラーズ大学から、他の油との比較検証がおこなわれています。


研究概要】

・2型糖尿病患者をそれぞれ3つのグループに分けた。
①バランス食+ひまわり油(30g/1日)②バランス食+植物油(30g/1日)③バランス食+米ぬか油(30g/1日)

・8週間後、血清総コレステロール(TC)トリグリセリド(TG)、低密度リポタンパク質コレステロール(LDL-C)、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL-C)を測定した。


結果、植物油の低下率よりも、米ぬか油の低下率の方が有意に高かったことが発表されています。

Rice bran oil and canola oil improve blood lipids compared to sunflower oil in women with type 2 diabetes: A randomized, single-blind, controlled t… – PubMed – NCBI

チームは米ぬか油は2型糖尿病の女性における脂質障害を減衰させることができる、と結論しました。ダイエット効果を期待するのであれば米ぬか油の方が期待できそうです。