ニュース

明日から食べ始める、目によいとされる食べ物がこれ1/1

スマホやパソコンなど目を酷使する環境が問題となってしばらく経ちました。しかし現代社会ではこれらを使わずに生活することは難しいです。そして加齢による視力低下は、早かれ遅かれ誰しも経験することです。そこで昔から「目によい」とされる食べ物をいくつかご紹介いたします。

 ルテインやゼアキサンチンは、加齢による黄斑変性症や白内障を予防する可能性がある

と、イギリスのBBC放送が発表しました。

これらは緑黄色野菜などの葉ものに含まれている成分です。
日常の食生活において摂取はそれほど難しくはありません。

ある実験で10mgのルテインと2mgのゼアキサンチンのサプリを3ヶ月続けて摂取したところ、視力が改善したとの報告もあるそうです。視力を回復させたい方はぜひ摂取していきましょう。

ルテインを多く含むのが以下のような緑黄色野菜です。

 

緑黄色野菜名

含有率(mg/1カップ250cc換算)

ケール(生)

26.5(mg/1カップ250cc換算)

ケール(加工)

23.7(mg/1カップ250cc換算)

ほうれん草(加工)

20.4(mg/1カップ250cc換算)

グリンピース(加工)

4.1(mg/1カップ250cc換算)

ほうれん草(生)

3.7(mg/1カップ250cc換算)

とうもろこし(加工)

1.5(mg/1カップ250cc換算)

ブロッコリー(生)

1.3(mg/1カップ250cc換算)

パパイヤ(生)

0.3(mg/大1個)

0.2(mg/ラージサイズ1個)

オレンジ(生)

0.2(mg/大1個

)

※U.S department of agriculture, Agriculture Reserch Service,USDA Nutrient Data Labortatory.2005.USDA National Nutrient Databese for Standard Reference,Release 20(2007),Nutorient Data Labortatory Home Page

他にも、最近の研究によるとビタミンCを多く摂取している人は視力が落ちにくとの報告もあります。

ビタミンCの含有量が多いことでも知られているのはアセロラでしょうか。
また、アラスカ産サーモン、にしん、いわし、アンチョビなどの魚は、DHA・EPA、αリノレン酸などのいわゆるオメガ3脂肪酸を含んでいます。

 これらの食べ物は健康にもよいとされているので、毎日どれかを積極的に食べてみるのもよいかもしれませんね。

written by Akiko

参考