ニュース

「標準治療以外、受けさせてもらえない」という状況下が招いている現実1/1

日本ではがんが原因で一年間に35万人が亡くなっていると言われています。そして平均寿命が延びた影響もあってか、先進国の中でもがんの治癒率が悪いです。これには「標準治療以外、やらせてもらえない」という状況も少なからず影響しているのではないでしょうか?

がんの手術後、再発の可能性があるので抗がん剤をやる。すると、副作用のほうが強くなって患者さんが参ってしまう。それでも抗がん剤を続ける、再発する、転移もしてくる。

これがいわいる標準治療の限界です。
標準治療以外やらせてもらえない、という状況は常にではありませんが、今でもやはりあるようです。

これには医療機関側の責任があります。


【医療機関の責任】

  • 治療中、他の健康食品などを禁止し、抗がん剤以外をやらせない。

このように禁止される傾向にあるだけに、患者さんは標準治療以外をやって良くなったとしても、それを言い出せずにいます。

仮に、他の治療をやって良くなった患者さんが出てきたとしても、担当していたドクターは学会などで「抗がん剤だけで良くなった」と発表するケースが多いという話も聞きます。

標準治療だけでは、がんを治すことは難しい

がんの完治を目指す上で一番の不安点であり、予防していかなければならないのは、「再発」や「転移」です。

ご存知の通り、抗がん剤はガン細胞のみでなく、正常細胞も一緒に攻撃してしまいます。
がんの再発・転移の防止策が、「抗がん剤のみ」というのは なんとも心許ないです。

東京慈恵会医科大学病院・副委員長 吉田和彦教授は、がんの再発・転移に関してこうコメントしています。

原発巣を目に見える範囲で完全に切除しても、7割の患者さんには切除した場所や遠隔臓器に微小なガン細胞が残ると考えられている。

ガン細胞を完全にゼロにすることは難しい。

がんが進行していた状態であるほど、カラダには微小なガン細胞が散らばっています。

再発したがんは、最初の治療後にすでに存在していた「微小なガン細胞」である可能性が高いです。
現代医療といえども、極めて微小なガン細胞の全てを検知できる術はまだ持ち合わせていません。

再発を含む、がんのリスクを避けるには…

・食事はバランスを意識し、繰り返し同じものを食べない。

・血流を良くするため、保温と適度な運動が大切。姿勢も良くする。

・牛乳を避け、出来るだけ新鮮な野菜果物を加熱しないで食べるようにする。

・農薬、食品添加物に注意をしながら、大豆製品や発酵食品を多めに食べる。

・強いお酒は避け、禁煙する。

・熱い食べ物と焦げた食品、カビの生えたものは避ける。

・塩分の強いものは極力避け、ニンニクなど、特にビタミンA・C・Eを意識して摂っていく。

・体調の変化は見逃さないようにする。

・健康診断を定期的に受ける。(できれば共鳴反応の診断を受けた方が、超早期のがんを発見できる)

・慢性C・B型肝炎ウイルスキャリアは少しでも早く除去しておく。

・乳がん予防は毎日の触診、乳製品や肉を避けること。
子宮頸がんの原因になるヒトパピローマウイルスがあれば消しておく(※ チョコラBBを飲むと消える)

・ピロリ菌は完全駆除することができないので、2〜3ヶ月に1回は調べ、ミセルカ抽出プロポリスを飲む。駆除するために、抗生物質を飲まなければならないということはないです。