ニュース

がん治療に有効であるとされる、5つのスーパーフードをご存知ですか?1/1

美味しくがんを治療する方法。その秘密は血管形成にあります。 血管形成、と言えば生理学的な胎児の発育プログラムの一つですが、これは私たちの生活の中でも、ダメージを受けた血管に対して知らず知らずの内におこなわれているプロセスです。それは活性剤と抑制剤でコントロールされています。

ほとんどの癌研究においては、血管形成を抑制する方法が注目されます。

新しい血管を形成できなければ、癌細胞は必要な酸素を受け取ることができないからです。

そのため、ほとんどの制癌剤は「抑制」に設計されています。
必ずしも、すべての例に有効であるとは限りませんが、それらは活性する力を中和し、癌の血管形成を止めようとするものです。

これからご紹介する5つの食料は、癌の血管形成を止める手助けをしてくれるものです。

腫瘍への血液配給を止め、がん細胞が増殖するのを防ぐ力を持っている食品です。

すでに知っている、という方も多くいらっしゃるでしょうが、今回の記事では改めて、がんに有効だとされている5つのスーパーフードをご紹介していきます。

癌の血管新生を止めるサポートをしてくれるスーパーフード5つ

スーパーフードその① ウコン

ウコンは多数の薬剤に使用されている有益な香辛料です。
ダイエット効果と同様に、癌の進行を防ぐことができます。

スーパーフードその② ブルーベリーとラズベリー

これらの果物は、異なるタイプの癌を防ぐのに信じられないほどに有効です。
それらは血管形成を止めてくれ、かつ、酸化ストレスを減らすと示されました。

スーパーフードその③ トマト

ハーバードの最新の研究で、トマトは、前立腺癌の危険を50%減らすことができると示されました。

これはリコピンの存在によります。
リコピンは、身体の中で容易に代謝されるので、癌と闘病する人にとって有益です。

スーパーフードその④ ビター・チョコレート

ビター・チョコレートは実際に非常に健康的です。
心臓健康を促進し、悪性細胞と格闘してくれます。

スーパーフードその⑤ コーヒーと緑茶

有名ですが、コーヒーと緑茶も多くの癌を阻止する手助けをしてくれます。

written by 執事