ニュース

タバコを吸うと、約7,000種もの化学物質が肺を通過する。喫煙者の肺を清めることのできるオーガニック・レシピ1/1

タバコ一本に火をつけると発生する化学物質は、喫煙者の人の肺を毎日通過している化学物質です。いったいどのような有害な化学物質が喫煙者の肺を通過しているのか?少し見ていきましょう。

cigarette-1642232_640

一本のタバコに火をつければ、約7,000もの化学物質(発ガン物質は69種)が発生します。その多くは有毒なものです。

国立ガン研究センター資料

ちなみに、タバコで発見されている化学物質とは以下のようなものです。ほんの一部ではありますがまずはご紹介していきます。


【タバコで発見されている有害な化学物質・例】

  • ホルムアルデヒド…防腐液
  • ヘキサミン…バーベキューのライター用オイルで発見されている
  • 鉛…電池に用いられる
  • ベンゼン…ラバーセメントで発見されている
  • ブタン…ライター用オイルで使用されている
  • アンモニア…一般的な家庭用クリーナーで発見されている
  • ヒ素…殺鼠剤で使用される
  • メタノール…ロケット燃料で使用される
  • アセトン…ネイルポリッシュリムーバーで発見されている
  • 酢酸…髪染め中の成分
  • カドミウム…バッテリー液中の活性成分
  • 一酸化炭素…車の排気ガス
  • タール…道路を塗装する材料
  • トルエン…塗料を製造するために使用される
  • ナフタレン‥防虫剤中の成分
  • ニコチン‥殺虫剤として使用されている

【注意】今回の記事はタバコを攻撃する内容ではありません

ここまで読んで、「ああ、タバコの有害性を訴える記事なのか」と判断された方、ちょっと待ってください。

この記事は、タバコの有害性を訴えるためのものではなく、タバコを吸う人の肺を救うためのものです。

先にご紹介した通り、毎日多くの有害物質を吸い込んでいる喫煙者の方の肺は毒素でいっぱいなので、それを限りなく自然な方法で中和できないか?というのが、今回の趣旨です。このレシピは 現在禁煙中の方にもオススメです。

肺の余分な粘液を取り除くのに役だつ生姜。
抗癌食品でもあり、高い健康効果が注目されているタマネギ。
ビタミン、ミネラルを含み、抗菌性のあるウコン。

これら3つをベースにした肺を清めるレシピをご紹介します。

【用意するもの】

  • 粉末状のウコン(2杯程度)
  • はちみつ、またはメープルシロップ(400g)
  • 水(1リットル)
  • タマネギ(400g)
  • 生姜(適量)

作り方は至ってシンプル、すべてミキサーで混ぜるだけです。

加熱調理する場合はまず水とはちみつ(メープルシロップ)を混ぜた後、タマネギ、生姜を入れて沸騰させます。その後にウコンを追加して、よく混ぜたら完成です。

これを朝と夕方、1日2杯飲みます。
より強力な効果を得たい方はステビアも入れましょう。

※ ステビアについては次のリンク先を参照してください。