ニュース

近親相姦で、メリットを得られる生物は存在している1/1

近親相姦、現代ではもはやタブーとされるこの行為がなぜいけないのか?また、その利点とは何なのか?とある化学レポーターのアンナ・ロートシルトさんが説明していたので、それを元に簡単に掲載していきます。

近親相姦、果たしてそれは本当に禁忌なのか?

Is Inbreeding Really That Bad?(4;41)

彼女は最初、近親相姦が危険であるその理由を説明しています。

近親相姦が危険である理由

  • 奇形・疾患、および他の発達障害を引き起こす劣性遺伝子を継承する可能性が高くなる

近親相姦は、自分たちの良好な遺伝子をもっとも多く、確実に残すことができる方法だと思われがちですが、人、および、他の多くの生物においてはリスクが勝ちます。

このように、劣性遺伝子を継承する可能性を最大化させるのですが、それは同時に良好な遺伝子を保護することになっている、と彼女は言います。

つまり、奇形などの何らかの障害をもった子どもが生まれる可能性は高くなるが、自分たちの遺伝子を最大限、確実に受け継がせることができる方法だということです。

これが近親相姦のメリットだとも言えるでしょう。

ただ彼女は、人、および、他の多くの生物においてリスクの方が勝つことを強調しています。
近親交配が続いたスペインのハプスブルク家において、叔父と姪との間で生まれたカルロスⅡ世が身体・知能未発達で、性的能力も持っていなかったため、断絶したのは有名な話です。

近親相姦でメリットが勝つ生物もいる!

近親相姦におけるメリットは、イチジクコバチ(男の子)などの特定の種において、得られているそうです(母の遺伝子のみを受け継ぐため)。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-17-00-45

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-17-00-58