ニュース

お酒が強いことのリスク、それは痛風の発症が2倍1/1

お酒に強い遺伝子を持つ人は、お酒に弱い遺伝子を持つ人より約2.3倍も痛風になりやすいとの研究発表をこの度防衛医大などのチームがまとめ、発表しました。

チームは、体内でアルコールを分解する酵素「ALDH2」に着目、日本人男性の痛風患者1048人と、痛風ではない1334人の遺伝子を調査しました。

結果、遺伝子に変異のない人は変異のある人より、痛風を2.27倍発症しやすいことが分かりました。

これは酒に強い人は飲酒量が多いとも考えられ、飲酒が通風を発症する危険性を高めることを改めて裏付ける結果となりました。

ちなみに日本人の約4割は、遺伝子に変異がありお酒に弱いタイプだといいます。

痛風は生活習慣病だが、遺伝子の関連も強い。遺伝子を調べてリスクが高い人が分かれば、
個人差に応じた予防や治療につながる

と話したのは、防衛医大の松尾洋幸講師。遺伝子の解析の期待も高まります。

痛風について

体内で細胞が新陳代謝をすることで尿酸が生じます。毎日尿から体内に排泄しているのですが、この尿酸が作られすぎたり、また排泄がうまくいかず血液中に尿酸が増え過ぎた状態が、「高尿酸血症」です。

症状は、関節のあたりから熱くなってはれ上がり、しびれるような耐え難い痛みを伴います。

これが痛風へと悪化する原因は、遺伝体質、高エネルギー食の摂りすぎ、そして、アルコールの飲み過ぎ、肥満・ストレスなどです。圧倒的に男性に多い病気です。

尿酸は細胞のプリン体が分解してできるので、痛風の際はプリン体の摂りすぎに注意が必要でしたが、プリン体を避けようとしても、実際100mg当たり1mgほどしか下がらないため、それも含めてカロリーの摂りすぎに注意することがよいと考えられてきています。

痛風で怖いのは、「高脂血症」との合併症。

血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質が異常に多い状態です。
長く続くと動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中を誘発します。

痛風を防ぐには、やはりベースとなる食事・運動と日常の健康的な生活を送ることがやはり大切なようですね。
お酒に飲まれて、あげく痛風に・・・なんてことにならないように。

written by Rikako