ニュース

渇きに従う、「夏場の水分補給」。セレブ流行の水の取り方とは?1/1

夏場は一日に何リットル水分を摂らなければならないとは言いますが、過剰は良くないと聞きます。熱中症は心配ですが、まずは今現在の自分自身をチェックして飲む水分量を決めていきましょう。

水分の補給量を決める前に知っておきたい、自分のこと

  • 
夜更かししていませんか?
  • 食事はおいしく食べられていますか?
  • 朝ごはんはしっかり抜かず食べていますか?
  • 食事は主食、主菜そして副菜をそろえていてバランスよく食べていますか?
  • こまめな水分補給は意識していますか?
  • 目覚めはすっきりしていますか?
  • 体の疲れは残っていませんか?
  • 尿の出は快調でしょうか?

汗をかくから、尿はあまり出ないというケースはありますが、色の濃さ・量の少なさ・トイレの回数は注意しておいてください。

便も快調かどうか意識しておきましょう。
便が溜まるとおなかが張って、尿の出も悪くなります。

便秘な方は、水分不足が要因である可能性があります。
便に含まれる水分も再吸収されるため、水分不足は便秘を誘発しやすいです。

足のこむらがえり、つったりしていませんか。

こむらがえりは、下腿の筋肉が収縮してけいれんをおこす状態です。
スポーツ中が最も起きる確率が高いですが、妊娠中や睡眠中などにもおこります。

睡眠中に起きるようであれば、血液の循環が悪いかもしれません。

日常、しばしばこむらがえりが起こるのなら腎臓の病気の疑いも。

腎臓は、体内の水分量の調節と電解質のバランスを保つ要です。
腎臓に不調があれば、老廃物の代謝も円滑に進んではいないと思いましょう。

ベストな水分の補給のポイント

起床時にはコップ1杯。
朝食時は果汁100%のジュースがいいです。牛乳も熱中症にはお勧めです。

通勤通学の合間にも喉を潤しましょう。
昼ごはんまでに、コップ1杯程度は取りましょう。

お昼ごはん後、帰宅までにコップ2杯ほど飲んでおきましょう。
(運動や営業で動くときは、少し多めに)

帰宅後・夕飯時、そしてお風呂の前後・就寝前にも、必ず水分を飲むようにしましょう。

  • 一度に大量の水分をとるのではなく、1日を通して定期的に飲むのが理想的です。

シンプルな予防策を実行していきましょう。

とはいえ、無理して水を飲む必要もないので、自分のカラダと相談しながらにしてください。ちなみに、食べ物ではスイカがオススメです。

海外セレブに習うなら、デトックス・ウォーターを作ってみよう!

デトックス・ウォーターは、海外セレブから流行した健康法です。

一言で言うと、ミネラルウォーターと、果物を組み合わせて飲み物を作ること。
簡単に作れるので、試したい方はやってみてください。

デトックス・ウォーター初級編

レモンとミント

  • レモン1/2
  • ミントひとつまみ
  • ミネラルウォーター

【作りかた】

  1. レモンを薄い輪切りにする。ミントは洗ってから水気を切る。
  2. レモンを容器に投入。ミネラルウォーターを注いで、ミントを加える。

レモンとパセリでも美味しくいただけます。
その他、オリジナルレシピを考案してみるのも楽しいかもしれません。

written by Rikako