ニュース

氷だけじゃなかった!鉄分不足の禁断の症状とは?その②1/1

前回、“氷食症”についてお伝えしました。この疾患は鉄分不足が原因でした。しかしながら氷だけをほおばる行為以外にも及ぼす症状があるのです。

鉄欠乏症の貧血…
鉄分が血液中に不足してしまい、血液の質の低下によって貧血を招く症状です。

鉄分不足での影響で、一番に思い浮かぶワードが貧血。

鉄欠乏症の貧血で要注意なこと
氷だけではなく、種・ナッツ・あられやせんべいなどのガリガリした食感や、ぽりぽりとした食感が欲しくなる場合、

ガリガリ・ぽりぽりとした食感のある歯ごたえのものを好む傾向が出てくるのは、鉄分が不足するにあたって脳への酸素の供給率に乱れが出ている証拠です。

ちなみに、重度の鉄分の不足になると、今度は食べ物を噛むことがうまく出来なくなったり、食道にも異常が出てしまうので、うまく飲み込むことが困難になってきます。

貧血と頭痛も、鉄分の不足が関係します。

急に立ち上がった瞬間、こめかみ辺りにひどい頭痛が走るような人は、鉄分不足の可能性があります。

頭痛も色々なパターンがありますが…

こめかみを内部からグリグリと押されたような感覚の頭痛があり、次に、ゴーンゴーンゴーンと規則的に数回続いた後で、おさまっていく頭痛であれば、鉄分不足の状況であると言えます。

鉄分は体の成長にとって必要な成分です。

疲労回復などにも関わっているので、鉄分の不足に陥ると、比例して体がだるく感じる症状が出てきてしまいます。

進行具合によっては皮膚に免疫力が無くなって、水虫などができてしまう場合もあります。

しまいには、常に肌に虫のようなものが這っている感じがする。
触られてもいないのに触れられたように感じる。といった幻覚のような症状が現れることもあります。

氷食症、そして貧血の症状は、出ても実際放置してしまっていることも多いです。
放置したままにすると、どんどん悪化していきます。

自分の好みだと思っている行動(特に今回の場合歯ごたえの良いものを欲する)が、「実は鉄分不足が関わっていた」ということも考えられます。

若い女性には特に多いです。

妊娠しづらくなる不妊の症状も鉄分不足の可能性があります。
仮に、妊娠したとしても、母体自身が鉄分不足である場合、胎児への影響が出てしまいます。

母体が鉄分不足のまま育った胎児は生まれた後もその影響を受けてしまい、発育の遅れの症状が出る、ということもあるのです。

最近では鬱や肌荒れ、睡眠障害などが鉄分不足と関係があることが研究でわかってきています。

最近特に注目されているのはフェリチンの不足です。

フェリチンとは、原因不明の鬱や辛い睡眠障害に悩まされている人が飲むと症状が改善すると言われる薬の名前ですが、私たちは誰しもが、フェリチンをカラダの中に持っています。

そもそもフェリチンとは、生体内の鉄の貯蔵のことを指します。

私たちが摂取した鉄は通常、フェリチンに貯蓄されているわけですが、最近では大半の女性がフェリチン不足に陥っていると問題になっています。

あなたもこの機会に、自分のカラダのフェリチンが不足していないかチェックしてみましょう。

フェリチン不足の簡易チェック

あっかんべーをして、まぶたの裏が白っぽいとフェリチン不足!

鉄分の摂取は大切。不足の状態とならないよう、ビタミンCと一緒にとって、吸収率を上げていきましょう。

written by Rikako