ニュース

国内における「糖尿病診療の質」ガイドラインで推奨されている年 1 回の網膜症検査、実施率は 36% その①1/1

糖尿病は失明や人工透析導入の原因の上位を占めます。糖尿病の適切な診療および、合併症の予防は大切な課題になっています。 東京大学大学院・医学系研究科 社会医学専攻公衆衛生学分野の小林廉毅教授と田中宏和(大学院生)らの研究グループが、レセプト(診療報酬請求明細書)データベースを用いた評価をおこなっています。

7bfddee75506add37c1e7a2c7b06b9d4_s

診療行為や受診頻度、糖尿病治療薬の処方などの記録(日本医療データセンター(JMDC))を用いて、データの精度を高めて分析することで、これまでにない大規模、かつ、高い精度の糖尿病診療のプロセス評価がおこなわれています。

研究結果の概要

組合管掌健康保険に加入し、2010 年度に糖尿病治療薬の処方を受け、定期受診していた糖尿病患者 7,464 人を調査。

翌年度の HbA1c 検査や、血中脂質検査の実施率は 90%以上と高かったが、日本糖尿病学会による糖尿病診療ガイドラインで推奨される年 1 回以上の糖尿病網膜症の検査を受けた者の割合は 35.6%と低かったことが明らかになった。

この割合は欧米の同様の報告に比べても低い数値です。また、治療を中断した患者の割合は 6.4%でした。

糖尿病患者が継続して糖尿病診療を受け続けられるための取り組み(受診勧奨)がおこなわれていますが…

糖尿病診療の質の向上には糖尿病患者への受診勧奨だけでなく、勤労層が受診しやすい環境の整備、診療ガイドラインの普及、糖尿病を診療する医師と眼科医との連携推進などが重要であると考えられます。

本研究は BMJ(英国医師会雑誌)とアメリカ糖尿病学会が共同で発行する国際医学雑誌 “BMJ Open Diabetes Research & Care” に 2016 年 9 月 9 日付けで掲載されました。
なお、本研究は同誌の”Editor’s Choice”にも取り上げられました。


糖尿病診療の質を大規模レセプトデータで評価 ―ガイドラインで推奨される年 1 回の網膜症検査実施率は 36%―

発表のポイント:

「組合管掌健康保険のレセプトデータに含まれる診療行為や、処方内容を詳細に分析することで、これまでにない大規模かつ、高い精度での糖尿病診療の質の評価を可能としました」

 

「データを用いて、糖尿病診療の質を評価したところ、継続治療中の糖尿病患者において、糖尿病診療ガイドラインで推奨されている少なくとも年 1 回の網膜症検査の実施率は 36%でした」

 

「糖尿病診療の質の向上には、患者に対する受診勧奨とともに、勤労層が受診しやすい環境の整備、診療ガイドラインの普及、糖尿病を診療する医師と眼科医との連携推進などが重要であると考えられます」

次回の記事では、「糖尿病のサインだ」と疑われている生活の中で感じる行動をご紹介します。

written by 執事