ニュース

こんな症状にあてはまるなら、レモン水を試してみよう【その 2】1/1

体調が悪くなると習慣的に薬にたよってしまいがちですが、専門的な医療や診断を受けて特に原因がない場合、レモン水を試してみませんか?

e64eade18916e259fb7afa6276619f49_s

前回、レモン水の効果を掲載しました。

【前回の記事】

第二回目となる今回も引き続き、レモン水の隠された効果を掲載していきます。

レモン水の隠された効能〜後編〜

6.免疫システムをアップさせる

レモン水は人間の体のリンパ系組織に刺激を与えます。
刺激を与えられることによって体の中の病原体に対し、免疫システムの攻撃力が向上します。

7.炎症を鎮める働き

主に体内の酸度が高いことが原因でおこる炎症。
レモン水を飲むことで、酸性からニュートラルな状態にもっていきます。

8.胆のう結石

コレステロールなどが原因で胆のうの中に石ができる「胆のう結石」。放置しておくと、激しい腹痛などを引き起こしてしまいます。

痛みが続く場合はまず医師の診断が必要ですが、レモン水が痛みを緩和に役立ちます。

9. 胃食道逆流症

胸焼けなどの症状を伴う食道の炎症性疾患である胃食道逆流症です。
症状を和らげる唾液を出すために飴が欠かせない人も多いのですが、代わりにレモン水を2週間ほど飲んでみてください。

10.食中毒

旅行中などの環境が変わる時にレモン水を飲んでおくと、食中毒の予防になります。
レモンには細菌などを殺菌能力があるからです。

11.大腸炎の予防

大腸炎の原因の一つに、体内のPhバランスの崩れが指摘されています。
毎日1杯のレモン水を飲む習慣で、Ph値を整えることができるそうです。

12. 線維筋痛症

痛みを感じるのに、これといって異常が見つからない線維筋痛症。
痛みやしびれなどの症状に悩まされている場合、レモン水を試してみてください。

またヨガなどのストレッチを同時に行うことで、症状が軽減することも期待できます。

13.にきび

レモン水には新陳代謝を助ける働きもあります。飲料として体の中からバランスを整えますが、レモンジュースを直接にきびに塗ることで改善されることもあります。

※ただし皮膚になんらかの異常が出た場合は、すぐに注意してください。

14.お酒が飲みたい時に

お酒が飲みたいと思った時、禁酒や節酒している時などにどうしてもとなったら、レモン水を試してみましょう。
飲みたい気持ちを抑えることができます。

15.爪にできたホワイトスポット(白い斑点状のもの)解消に

爪の健康状態が悪かったりすると現れる白い斑点。
レモン水を飲むことで、強く美しい爪になります。


いかがでしょうたでしょうか?今話題のスーパーフードにも負けないすばらしいレモン水で、健康アップをめざしましょう。

written by Akiko