ニュース

少し意識するだけでできる、身体をアルカリ化させる方法1/1

息をしているだけでも私たちのカラダに発生している活性酸素は、200種以上の疾患原因になることが知られています。体内に溜まった酸は組織、関節、臓器や腺に影響を及ぼしていきます。

予防・治療・再発防止

それらすべてに重要なことの一つが、酸性に傾いているカラダをアルカリ化させることです。

そのため、世の中にはたくさんの抗酸化作用のある飲み物やサプリメントが販売されていますね。

この記事では、砂糖、食品添加物、肉、トランス脂肪酸、揚げ物などによって上がってしまった体内の酸性度をリセットし、アルカリ化させるための方法をいくつかご紹介していきます。

カラダをアルカリ化させる方法 

その①
レモン汁を飲む

レモンにはたくさんの恩恵があります。
カラダをアルカリ化させるのにも一役かってくれる存在です。
レモン汁とオリーブオイルで和えたサラダも美味しいです。

その②
生、塩不使用のアーモンドを食べる

アーモンドは血糖値のバランスをとりながら、酸度のバランスをとるのに役立つカルシウムやマグネシウムなどを含んでいます。定期的に食べておきたい食品です。

その③
ウォーキングなどの手軽なエクササイズ

息が上がるほどの運動は逆に体内の酸度を上昇させますが、ウォーキングなどの軽い運動は有効です。

その④
砂糖を控える

砂糖は身近で最もカラダの酸性度を上げる食品だといえるでしょう。
砂糖を控えて、野菜を意識していきましょう。

その⑤
ブロッコリー・スプラウトを定期的に食べる

豊富なビタミンCや、健康効果の高いスルフォラファンで有名なブロッコリー・スプラウトを定期的に食べるのも効果的です。
スプラウトはたくさんの栄養素やエネルギー増強酵素を持っているので、非常に体内をアルカリ化してくれる心強い存在です。

written by 執事