ニュース

ハーブの力、侮っていませんか?禁煙に挫折している人に試してほしい自然療法1/1

タバコを止めることができない人の原因として、その禁煙意志や環境、考え方など多くのことが説かれていますが、一番の要因は中毒性のあるニコチンの存在です。

stevia-74187_640

人がタバコを吸いたくなる喫煙欲求は、体内のニコチンを補給しようとするところから生まれています。
そして、「吸いたくても禁煙しているから吸えない」という事実が、「ニコチン離脱症状」を引き起こしています。

つまり、禁煙するためには精神論ではなく、ニコチン欲求をどうにかすべきなのです。

それがクリアできれば、禁煙の成功率はかなり上昇するでしょう。

ハーブの力を侮っては、損をする!

実は、ニコチン欲求を解消できるハーブが存在します。

それが、一般的に天然の甘味料として使用されている「ステビア」です。

アルコール依存症やタバコの喫煙欲求の解消に ステビア、もしくは、そのエキスを使用してみてください。

ステビアのエキスにはニコチン濃度を下げることのできる効能が見出されています。

研究では、ニコチン標準液を溶かした純水に、ステビアの濃縮エキスを加え、ニコチン濃度が減衰することを認めました。

この効果は、ステビアの濃縮エキスの濃度を上げるほど、放置時間が長いほど、認められています(内藤環境管理)。

ステビアはニコチンだけでなく、糖尿病にも効果

第49回日本糖尿病学会 年次学術集会において過去、「ステビアのインスリン抵抗性改善作用」についての報告がされ、衝撃が走りました。

発表内容は、全世界で最も使用されている糖尿病治療薬と、インスリン抵抗性を比較した結果、細胞反応レベルで数100倍の改善効果を示した、というものです。(※ 発表されたのは国内で栽培されたステビア

ステビアの効能はまだまだこんなものではありません。

ステビアが持っている3つの大きな複合力!

  • ① 植物最高の抗酸化力をもっている

・動脈硬化
・脳卒中・心筋梗塞
・肝機能障害
・糖尿病
・アトピー
・高血圧
・癌 など

  • ② デットクス効果が強い

・食物・放射能などの汚染物質
・環境ホルモン
・ヒスタミン、ダイオキシン、0-157、エイズ菌などを殺菌

  • ③ 免疫力が上昇する

・活性酸素を阻止し、免疫力を増大してくれる
・薬の副作用から守ってくれる
・老化防止にもなる(若返り効果)
・ダイエット、便秘解消にも効果

これだけの効果に加え、ステビアは家庭でも栽培できるというお手軽さを兼ね備えています。

ステビアの育て方・日常管理(1:12)

葉の部分が甘味料として使用されるステビアですが、実は、茎の部分には更なる効能があります。

茎から抽出されたステビアエキスは、土や水を浄化する働きが認められているので、環境改善プロジェクトにも利用されているほどです。

ステビアの効能は葉のみに留まらない。真髄は茎にあり

現在の日本人は食品添加物、農薬、保存料などから、年間約 4kgの有害物質を摂取していると言われています。

カラダに取り込まれた有害物質はなかなか排出されず、環境ホルモン(活性酸素、免疫力の低下)として、体内に蓄積されています。

ステビアは、体内に侵入した有害物質を無毒化できる!

例えば、ダイオキシンが体内に入った場合、脳や脂肪、生殖器に蓄積され、毒性が半減するまでに10年ほどの時間がかかります。

ステビアのエキスはわずか24時間で、96%のダイオキシンを分解することが確認されています(1998,住友化学分析センター)。

他にも、アトピーや花粉症、喘息などのアレルギーの発症原因になる体内物質「ヒスタミン」への強力な分解能力が、東北大学の研究で明らかにされています。

福島県立医科大学では、エイズウイルスを最大98%抑制したとして、国際学会でも発表されました。これらの効果の一部を最後にご紹介します。

有害物質の解毒作用

タバコのニコチン、農薬、ステロイドホルモン剤の解毒(愛知アレルギー研究所)、塩素・トリハロメタン(内藤環境管理)、アルコール など

ウイルスにおける報告例

エイズウイルス(福島県立医科大学)、ロタウイルス(福島県立医科大学)、O-157(東北大学)、ピロリ菌(東北大学)、鳥インフルエンザ(大阪府立公衆衛生研究所)など

written by 執事