ニュース

食物アレルギーの自然療法に挑む前に、知っておきたいこと1/1

食物アレルギーの方が自然的な方法で治療しようと思った場合、どのような食品に気をつけていくべきなのでしょうか?

bread-1319583_640

食物アレルギー(不耐性)は腸の透過性(※)によって引き起こされると言われています。

  • 腸の透過性(※)
    透過性が高いと、食べたものが十分に消化されずに大きな分子のまま吸収されてしまう。
    この傾向は食物アレルギーを悪化させる原因とみられている。

食物不耐性はつまり、消化器系の反応です。

もっとも一般的なものでは グルテン、A1カゼイン(牛乳に含まれている)などがあげられます。

一方、食物アレルギーは免疫系の応答です。

免疫が、食品中に含まれているタンパク質が有害であることを感知し、これを保護するためにヒスタミンを生成します。
カラダはこの反応を記憶し、特定の食品が再び体内に入ると簡単にヒスタミン応答を出すようになります。

これらの食物アレルギーの症状が持続すると、最終的には自己免疫疾患につながる可能性もあります。

この記事では食物アレルギーを自然回復させるために知っておきたい、避けるべき食品と非アレルギー性の食品、推奨するサプリメントをご紹介していきます。

食物アレルギーの方が避けるべき食品

  • アレルゲントリガー
    多くの場合、乳製品、卵、グルテン、大豆、ピーナッツなど。
  • 人工調味料
    食物アレルギーを悪化させる
  • 砂糖
    悪い細菌の増殖に関与する。食物不耐性を高める。

【摂るべき】
非アレルギー性の食品

緑の葉の野菜
(免疫機能を向上させるために必要なミネラル・ビタミンB群を摂ることができる)バリエーションに富んだ食生活にして、変化をつけましょう。

腸に有効な食品(プロバイオティクス)
骨のスープを飲む(アミノ酸やミネラルを補充できる)
チキンを食べる(非アレルギー性タンパク質)
母乳を飲む(赤ちゃんの食物アレルギー防止)

食物アレルギーの方に推奨される栄養素および、サプリメント

最後に食物アレルギーと食物不耐性を克服する力になってくれる栄養素および、サプリメントを紹介します。

消化酵素
酵素は消化器系における食物粒子の分類を助けてくれる存在です。重大な食物アレルギー治療です。

プロバイオティクス(毎日500億の菌を摂取)
善玉菌は腸の免疫系を支援してくれます。

MSM(毎日1000mg×2)
アレルゲンが血流に移動しないようにサポートしてくれます。

L-グルタミン(毎日5g×1~2回)
腸の透過性および、免疫の健康を支援してくれます。

このほか、ペパーミント・オイルは消化管を落ち着かせる効果があるので、食物アレルギーに関連する炎症症状を軽減することができます。利用していきましょう。

written by 執事

参考