ニュース

【アプリ】ドライアイ・眼精疲労の症状と生活習慣の関連性を明らかにする。1/1

順天堂大学は11月2日、ドライアイや眼精疲労といった症状と生活習慣の関連性を明らかにするためのアプリ「ドライアイリズム」をリリースしました。

今回リリースされたアプリ、「ドライアイリズム」を使用すると、目の症状の度合いを「ドライアイ指数」という形で誰でもチェックすることができます。

これに合わせて、「生活習慣のデータ」や「水分摂取量」などを入力し、比較することで、その人のドライアイの症状と生活習慣との関連性をより明確にすることが可能です。

「ドライアイリズム」モニター、コンテンツ紹介

アプリでは「実用視力」、「まばたき回数の測定」、「ドライアイ質問紙票」を用いてドライアイ指数を計測します。

このドライアイ指数は SNS にシェアすることも可能です。

生活習慣データを入力すると、関連性をよりハッキリさせることができる

ストレス、睡眠時間、便の回数、水分摂取量などのデータを合わせて入力すると、自分のドライアイの症状が生活習慣とどう結びついているかを調べることができます。

これを1週間継続して入力していただくことで、更なる検証が可能です。

アプリ利用者によって集積されたデータは、世界10億人の眼科疾患と呼ばれるドライアイの予防や治療に役立てられます。本アプリケーションは App Store より無料でダウンロードすることが可能です。

ドライアイリズムを App Store で

written by 執事