ニュース

舌の状態から診れるカラダの異変6種類1/1

自分の舌の状態を定期的にチェックしてますか?してない人は時に舌の状態を確認してみてください。実は舌の色と質感の変化は自分の健康状態が現れている場合があります。

doll-1705423_640

① 舌に白いゴツゴツしたものがある

もしかすると、イースト菌感染症かも知れません。
口や喉に発生するイースト菌感染症は、性病のひとつであるカンジダ症です。

② 舌の上に小さな白い斑点がある

舌ガンに発展するかも知れません。

主にタバコを吸う方によく見られることのある白いブツブツ、これは後にガンに発展する可能性があります。

③ 舌が真っ赤になっている

ビタミン欠乏症かも知れません。

舌が真っ赤になっている人は多くの場合、鉄分やビタミンが欠乏しているサインです。鉄とビタミンB12を意識して摂りましょう。

④ 舌がひび割れている(シワができている)

老化です。

他の部位と同じように、加齢で舌にシワができてきます。
溝に汚れが溜まったままにならないように、意識して掃除しましょう。

⑤ 口内炎

ストレスが溜まっているかも知れません。

ベーキングソーダを使用したり、塩水などをすれば家庭でも簡単に口内炎の除菌・治療が可能ですが、2週間以上経っても消えないのであれば 診察を受けた方がよろしいでしょう。

⑥ 舌が黒い

黒毛舌ではないでしょうか。

抗生物質を飲み過ぎていたり、タバコの喫煙、色の濃いものをよく飲む方は舌が黒くなる場合があります。
舌の苔同様、歯ブラシで軽く撫でるようにブラッシングしてください。

written by 執事