ニュース

今、脳に疲れを感じている人1/1

只今絶賛、脳に疲れを感じている人はこれを読んでください。毎日の脳疲労を解消するヒントが何かしら得ることができると思います。

sunset-485016_640

絶賛仕事中の方…
お休み中の方…
もしくは暇を持て余している方もいるかも知れませんが。

ここで突然、本題に入りたいと思います。

あなた今、脳に疲れを感じていませんか…?

前頭葉の辺りがこう…

キュッ!

と、締め付けられるような感覚になっていませんか?

聞くところによると、かの有名な某アニメの人気キャラクター飛影さんの第三の眼、邪眼…あれは前頭葉の疲れをヒントにして、生まれたアイデアなのだとか…

もちろんこの話はウソですけど、頭を使い過ぎて、もしくは単純作業をしすぎて、前頭葉に違和感を感じてる方…その感覚、侮ってはいけません。

脳に活性酸素がたまって脳が疲労してるサインです。最近よく目にする「脳疲労」というやつですね。


ちなみに「疲労」と「疲労感」は別物ですので、混合しないように注意しましょう。


  • 疲労実際に起こっていること)…カラダの中で実際に起きている酸化
    脳の特定部位のみを頻繁に使用する → 発生した活性酸素の影響で脳の自律神経の細胞がサビる → 細胞の老化
  • 疲労感自分で感じるもの)…疲れた、だるいと感じる

脳疲労のメカニズム


  • 細胞も働くと、活性酸素を生み出します。

車で例えるなら、運転するとガソリンを消費して、二酸化炭素を出すようなものです。

特定の部位ばかり頻繁に使用しているのであれば、同じ箇所にドンドン活性酸素が溜まっていきます。
今感じてる疲労は、脳からの「別の箇所も使ってよ」というサインだと思ってください。


脳に疲労を感じたら…


  • 別のことをしてください。

いわいる、ながら作業です。

一つではなく、二つ以上のことをやれば今まで使用されてなかった脳も使うようになりますので、負担が減り、脳全体が活性化されます。

あとは特定の食品を食べることでも疲労は回復されます。


脳疲労の回復力を高める食品


疲労の回復効果が科学的に認められている唯一の成分、それはイミダペプチドです。

有名な話ですが、イミダペプチドの発見は渡り鳥研究にありました。

【イミダペプチド、発見の軌跡】

「なぜ、渡り鳥がニュージーランド〜アラスカまでの距離、約1万1000キロを休まずに移動できるのか?」

その生態に興味を持った研究者が渡り鳥を調査したところ、羽の付け根(胸)に疲労回復物質「イミダペプチド」を発見した。


鳥の胸肉を毎日100g食べれば、疲労が回復できる!


  • 我々ヒトに対する効果検証では、鳥の胸肉を毎日100g食べれば 疲労が回復されることが見出されています。

これを定期的に摂取しやすいのが、焼き鳥やコンビニで売っているからあげクンです。

からあげクン、と聞くと学生時代の部活帰りを思い出される方も多いのではないでしょうか?

部活をして疲れたカラダのままコンビニに寄って、からあげクンを食べる。
これは非常に理にかなった疲労回復法であったと言えます。我々は自然と脳の疲労回復法を定着させていたわけですね。

これはいわいる「コンビニ健康法」の一つです。


脳疲労をそのまま放っておくと…


脳疲労は病気の前段階です。

脳疲労が重症化したのがメンタル疾患だ、とも言えるからです。
疲労は休めば元に戻れる状態なので、まだ疲労のうちに解消しておきましょう。


【脳疲労の疑いアリ】

・意欲が出ない
・うっかりミスが多い
・眠れない
・食欲がなくなった


どれか一つでも当てはまった方、脳が疲労しているのかも知れません。

疲労の一番の回復方法は、睡眠と軽い運動だとされています。それにイミダペプチドをプラスすれば、さらに効果が望めるでしょう。

予防策を作ることも大切です。

  • 脳の疲労蓄積をできる限り予防するための方法として有効なのが、アウトプットすること(一旦忘れる)です。

例えば、毎日しなければならないことを考えるだけで、脳が疲れる気がしませんか?

そのことは今、一旦忘れましょう。
それだけで、脳のキャパシティが空きます。

忘れる、と言ってもただ考えないようにしているだけで、本当に忘れることはできませんからご安心ください。
脳に記憶として残されているので、あとで関連するもの(メモなど)を見れば思い出します。
毎日しなければならないことであれば、カラダも覚えているでしょうし。

何にせよ、一旦忘れる技術を習得しているか、いないかで、毎日の脳の疲労蓄積の割合はかなり違ってきます。覚えておくとお得です。

written by 執事