ニュース

病が作られやすい酸性生活をリセットして、アルカリ生活を意識しよう!1/1

病が繁殖する理想的な環境は酸性です。私たちの肺、骨、脳、心臓、肝臓、腎臓、胃、腸などの臓器のPHバランスが過剰な酸性状態になれば、病を引き起こすリスクは必然的に高くなります。 ちなみに、穀物、乳腺品、大豆、肉のほとんどは酸性です。コーヒーやアルコール、加工食品、GMOオイル(遺伝子組換え)も酸性度が高いです。

体の過剰な酸性化が疑われる状態

・過剰な粘液や痰
・慢性的な咳
・胸の痛み
・慢性疲労
・アルツハイマー病、パーキンソン病をもっている
・湿疹、ニキビ、皮膚炎
・消化不良
・カンジダや酵母菌感染症
・肥満
・糖尿病
・坐骨神経痛、関節痛、筋肉痛

体、アルカリ化計画始動!

体のPHバランスが酸性からアルカリに傾けば、
体内の炎症も起こりにくくなります。

ご紹介するのは日常生活の中で、少し意識するだけで出来ることばかりです。
予防意識のある方は是非取り入れてみてください。

毎日たくさんのろ過水を飲む(カラダから有害物質を洗い流します)

酸性食品をできるだけ避け、緑を意識した食生活をする。緑色のものはアルカリ性です。ナッツなどの豆類もアルカリです。

瞑想やヨガをして、メンタル状態を幸せな状態にする。怒りや嫉妬は体液の酸性を生みます。

レモン水を飲む。レモン水は胆石を予防します。酸レベルを調節するのにも最適です。