ニュース

カラダの変化から欠乏しているビタミンを知る1/1

あなたが毎日見るカラダの部分といえば…そう、顔です!実は顔の状態から、自分が今どんな栄養素が不足しているのか?診断することができます。知っておいて損はないですよ。

fun-1084550_640

最近、顔色が薄くなってると感じる

顔に元気がなく、顔色が薄い…と感じるときは「ビタミンB12」が欠けている可能性があります。牛肉や魚を食べましょう。

髪質が悪く、乾燥している。フカが多い

「ビタミンB7」が欠乏している可能性があります。
ビタミンB7欠乏症と呼ばれる症状は抗生物質の乱用により、腸内細菌が破壊されることからでも発症します。キノコや卵黄、カリフラワーなどを意識して食べましょう。

肌が乾いている、体重が増加した。爪が脆い

「ヨウ素欠乏」の可能性もあります。
もし、低塩食品を意識した食生活を送っているのなら少しストップしましょう。
ヨウ素の主な供給源は食塩だからです。
海藻や海の菜ものなど、海のものを食べるようにしましょう。

歯茎から出血している

「ビタミンC」が欠乏しているのかも知れません。
ビタミンCは我々にとって必要不可欠な栄養素の1つで、酷い場合には筋痛や壊血病などの重大は症状が引き起こされる場合があります。

柑橘類の果物か、ブロッコリースプラウト、キウイ、赤ピーマンなどのビタミンCが豊富な食品をたくさん食べましょう。ビタミンCは水溶性なのでいくらとってもカラダに害はありません。


目の下のクマは血液の色です。

顔にはいくつかの病気の予兆が現れていることがありますので、身だしなみだけでなく、病のセルフチェックとして少し意識して見てみるといいかもしれません。