ニュース

HIVに感染した英国の男性(44)が担う、HIV治療の未来。1/1

HIVに感染したとある男性を治療する科学者は、彼に期待を寄せています。彼が協力しているプロジェクトによって、HIVを根治する治療法が確立されるかもしれないからです。

c99556dd6ed26683e572987cacad797e_s

このHIVの新治療を模索するプロジェクトは、5つの英国一流大学からの研究チームと、NHS(イギリスの国営医療サービス事業)との協力プロジェクトです。

進められているのは、ウイルスを根絶するために設計された先駆的な新しい治療法の模索。もしかすると、HIVの治癒を可能にした世界で最初の例になるかもしれません。

サンデータイムズが公表した、男性の最近の血液検査の結果は…

新しい治療法がうまく機能していることを確認するにはまだ早い時期ながらも、血液検査において検出可能なHIVウイルスが存在していなかったことが発表されています。

British scientists hopeful for HIV cure | News | The Times & The Sunday Times

マーク・サミュエルズ(国立研究所,マネージングディレクター)は、サンデータイムズ紙に語りました。

これはHIVを克服するための最初の試みの一つです。
私たちは、HIVの克服をできる真の可能性を模索しています。

– HIVの壁、大きな課題であり、それはまだ初期の頃だが、その進歩はめざましい –

新しい治療法では、二段攻撃を仕掛けることで、HIVの主要な障壁を克服していきます。

現状のHIV治療で完治できない理由

HIVウイルスは、免疫系のT細胞の中に隠れることができる(見つけるのが困難になる)ので、現行手法である抗レトロウイルス療法(いわいる抗HIV薬,ARV,※)では、HIVを患者から除去することができない。

抗レトロウイルス療法

体内の免疫細胞「ヘルパーT細胞」の中に侵入し、増殖、死滅させ、免疫力を弱体化させる、という特性をもつHIVに対し、HIVがヘルパーT細胞に侵入するのを阻害する薬。
いくつかの種類があるが、薬効に耐性をもつウイルスが登場した為、使える薬は限られているのが現状。もはや、機能しなくなってきていると言われている。

オクスフォードとケンブリッジの大学、インペリアルカレッジ・ロンドン、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、および、キングズ・カレッジ・ロンドンの5つの大学が研究している新治療法では、HIVに対して、二段構えの姿勢をとっています。


発見・追尾

HIVに感染しているT細胞を見つける

休止しているT細胞を起こす。すると、免疫系への自動追尾装置として作用するHIVタンパク質を生産し始める


新治療では、この手順で露出したウイルスをターゲットにし、破壊していきます。

インペリアル・カレッジ・ロンドンのサラフィドラー教授は述べました。

実験段階ですが、治療は働いていた「確かな証拠」を得ることができました。しかしまだ、実際の治療への道のりまでは長いです。

HIVの治療が確立する確かな一歩に、世界中から期待が寄せられています。

written by 執事

出典