ニュース

マリファナの喫煙は肺がんを引き起こすか?もしくは肺機能を損なわないか?1/1

30年以上、UCLAの医学と雑草の肺への影響を研究してきた米国の名誉教授である、Donald Tashkin 博士はかつて、マリファナが肺がんの原因となることを証明しようとしました。 平均的なマリファナの喫煙は肺がんを引き起こすか、または肺機能を損なわない、そのどちらかを結論するためです。

マリファナ・タールに発癌性化学物質の高い濃縮物があります。吸引すれば、それは他の器官の前に肺に達します。

したがって、「マリファナはタバコと同じく肺がんを作ってしまうのではないか?」という考えがありました。

しかし、こうした事実があるのにも関わらず、私たちはタバコの喫煙と同じように、吸引によって肺がんの危険性が高められるのを確認することができませんでした。

Tashkin 博士

UCLA Professor Finds Marijuana Is Safer to Smoke Than Tobacco | L.A. Weekly

Tashkin 博士はマリファナはタバコと同じように、肺がんのリスクを高めることはなかった、という研究結果とともに、「マリファナを吸っても慢性閉塞性肺疾患(COPD)を起こさない」という事実を説明しています。

これはマリファナの強力な抗炎症作用が影響している可能性がある、と彼は言いました。

こうした結果が出ているのは、Tashkin 博士の分析だけではありません。

国際肺癌コンソーシアム内において、大麻の喫煙と肺癌リスクとの関連調査が実施されました。

米国、カナダ、英国、ニュージーランドの6症例対照研究より、肺癌症例「2159例」と「2985」のコントロール・データがプールされています(2014年)。

Cannabis smoking and lung cancer risk: Pooled analysis in the International Lung Cancer Consortium – Zhang – 2014 – International Journal of Cancer – Wiley Online Library

分析の結果、習慣的および、長期的な大麻喫煙者における肺癌リスクの増加を立証できませんでした。

私は最初、マリファナの合法化に反対でした。
しかし、このポイントでは、私は合法化を支持しましょう。マリファナが不法物質として非難されるべきであるとは思わないからです。

タバコの喫煙ははるかに多くの害を引き起こしています。
また、同じ麻薬という点では、アルコールの方がはるかに多くの害を引き起こしています。

マリファナは、肺がんのリスクを低下させます。
吸引しても慢性閉塞性肺疾患(COPD)を発生しません。マリファナはタバコよりも安全です。

Donald Tashkin 博士

Georgia’s Emory大学でも2015年、18〜59歳を対象としたデータ(国民健康栄養調査,NHANES)を使用し、マリファナと肺機能の悪化を調査したところ、その関連性を見つけることができていません。

The effects of marijuana exposure on expiratory airflow. A study of adults who participated in the U.S. National Health and Nutrition Examination S… – PubMed – NCBI

著者らは、マリファナは、痛みのコントロール、食欲、気分、および他の慢性症状の管理に有益な効果を有することができると結論づけています。

written by 執事