ニュース

男性用の新避妊技術が開発される。発売は早ければ2021年か。1/1

英国の科学者が、男性用ピルとも呼べる「避妊技術」を開発しました。早ければ2021年には完成する見通しです。

condom-59639_640

男性用避妊薬としての突破口を見出した。
この新技術で、何百万人のカップルの性生活を変えることができるだろう。

英国の科学者

これまで何十年と、多くの研究者がコンドームと同じくらい信頼性の高い避妊具を開発しようとしましたが、ほとんど進展はありませんでした。

今回、英国の科学者が開発しようとしているのは「精子の泳ぐ能力をオフにしてしまう新技術」です。
精子の泳ぐ能力をなくしてしまえば、受精する心配はありません。

ジョン・ハウル教授(ウォルバーパンプトン大学)は、次のようにその効果を説明しました。

開発された化合物を摂取すると、精子は基本的に移動することができなくなります。

男性不妊は主に、精子の低運動によって引き起こされています。

私たちはポルトガルの研究者と共に、精子の中に入ると同時に動きをストップさせることのできる細胞透過性ペプチドと呼ばれる化合物を作りました。

チームはその後、不妊治療のエキスパートと協力し、精子のシッポに動きを入れる原因となる重大なタンパク質を識別し、そのタンパク質を遮断するオーダーメイドのペプチドを作成。ペトリ皿上で、牛・人間の精子を利用したテストをおこないました。

最終生成物は、錠剤およびスプレー、もしくは皮膚移植などの方式で適用される見通しです。

これは今までに誰もやっていない、完全にユニークなアプローチ方法である。自分の生殖能力を制御したい人を助けることができる」と、教授は話しています。

この男性用避妊薬は動物実験後に新薬として発表するので、早ければ発売は2021年になるだろうとのことです。

written by 執事

出典