ニュース

漢方薬を知ろう!(第2回)日本で発展した漢方薬1/1

漢方薬の歴史(後編)は日本の動きを見ていきましょう。漢の時代に中国で確立された漢方は、その後どのような経緯を経て日本に入り、発展して行ったのでしょうか?

about-1406856_640

日本医学の始まり


人のいるところには必ず、宗教と医学が存在すると言われています。

実際、宗教はさておき、医学がなければ人々は生きられない訳ですから、
多分その通りだと頷いていいのでしょう。

同じように、恐らく紀元前の縄文時代や弥生時代の日本にも、
それなりの民間療法のようなものはあったものと思われます。
しかし、それらは生活の知恵みたいなもので、
本格的に医学が導入され始めるのは、古墳時代とされていますから、3世紀以降ということになるでしょう。

実際、5世紀には天皇を治療した記録が残され、6世紀には医学書が存在した事実は明らかになっています。

ただし、当時の日本の医学は仏教と同じく、
朝鮮経由で伝わってきた中国文化を模倣するという形だったようです。


後世派漢方医学の誕生


(時は室町時代)

当時中国は明(みん)の時代で、現地では「金元医学(きんげんいがく)」という最新の医学が一世風靡していました。

そんな明の国に渡った田代三喜(たしろさんき)氏は、それを学び、日本に持ち帰ることにしたのです。
そして、帰国後に独自の研究を重ね、「後世派(ごせいは)」という漢方の流派を立ち上げました。

この理論は、鎌倉時代から戦国時代にかけ、弟子の曲直瀬道三(まなせどうさん)氏によって、
さらに日本の実情にフィットするように改良され、全国に広められました。

さらに、道三は出身地である京都に啓迪院(けいてきいん)という医学校を設立して後進の育成に努める傍ら、名漢方医として大活躍しました。

足利義輝(あしかがよしてる)や織田信長(おだのぶなが)、毛利元就(もうりもとなり)、豊臣秀吉(とよとみひでよし)等、多くの戦国武将や貴族、さらには皇室の主治医として治療を担っていたと言われています。


古方派漢方医学の誕生


(江戸時代)

新しい東洋医学に物申すものたちが現れます。

特に、漢の時代に確立された順漢方医学に共感した名古屋玄医(なごやげんい)などは、
新しい薬屋医術の捉え方を疑問視し、危惧を提唱したのです。

そして、傷寒論や金匱要略を重要視した治療を主とした後藤艮山(ごとうこんざん)によって
「古方派(こほうは)」という、もう一つの漢方流派が立ち上げられました。

ところが、実はこの古方派、古き良き医学を大切にすると見え、
実際には、日本初の人体解剖学を行ったり、全く新しい薬学論を唱える医師が出没したのです!

加えて、今では当たり前の腹診まで導入されたというからビックリです。

結果、後々には、後世派と古方派それぞれの長所に自らの思考や技を加えた折衷派を多数出すことに繋がりました。


西洋医学の伝来


後世派も古方派も折衷派も、基本的には東洋医学で、証(あかし)と呼ばれる病態と患者の体質を考慮しながら、身体自らが持つ治癒録を見いだすことに変わりはありません。

しかも、その原点はあくまでも漢の時代に確立された方法論に基づくもので、
それオンリーで行くのか? 五行説(ごぎょうせつ)などを交えた幅広い治療方針を採るのか? 
もしくは、Case-by-caseで使い分けるのか?という形になります。

しかし、それとは全く異なる疾患とその部位に重きを置いた治療をする南蛮医学が、
ヨーロッパ方面から伝えられて来ました。所謂「西洋医学」の伝来です。

この西洋医学は、来日した戦国時代から江戸時代初期に掛けては、海の物とも山の物とも分からないため、それほど支持されませんでしたが、鎖国が始まると、オランダ人の手で徐々に日本列島に浸透して行きます。

そして、江戸時代中期には、漢方医学と西洋医学をミックスした
全く新しいジャンルの流派までお目見えして来ました。


明治時代に入り、近代日本がスタートすると、世は欧米被れに突入


国自体が古い文化や伝統を廃止し、
西洋を中心に海外の文化を取り入れることを重要視したため、益々、漢方医学は肩身が狭くなってしまったのです。

しかし、そうした時代背景の裏側で、鎖国のために、十分な物資や技術を得られない人たちが大勢いました。

そこで、彼らが目を付けたのが、身近なところにある植物や鉱物です。

そして、それで何とかしたい、より良い薬を作りたいという思いから、
益々発展を遂げていった漢方薬も少なくなかったのです。

その方針が近代、日本でも根強く残り、
日本には日本の漢方医学と漢方薬が定着しました。

それが今では、本場中国の人々も魅了するほどの優秀なものになったという訳です。

written by M.YAMAMOTO