ニュース

発酵パパイア粉末が高齢者の低下したナチュラルキラー細胞活性を回復。1/1

古くから南米を主とし、各地で食べられてきた果物である未熟果パパイアの発酵物には高い抗酸化活性、抗腫瘍活性、免疫調整作用が報告されています。

ripe-papaya-1634867_640

今回、発酵パパイア粉末8(※1)を、高齢者に 30 日間投与することで、末梢血単核細胞の腫瘍細胞 溶解能力(ナチュラルキラー細胞活性)が回復することが見出されています。

  • (※1)カリカセラピ SAIDO-PS501,カリカセラピ株式会社(旧株式会社済度)製:福岡県博多市]

ただし、免疫や炎症に関わるインターフェロンや、各種サイトカインの値は変動しなかったため、発酵パパイア粉末はインターフェロンやサイトカインを介さない経路で高齢者の低下した自然免疫能力を回復させる、と推測されています。

発酵パパイア粉末の投与前後に便中の腸内細菌を分析したところ、発癌リスクを高める二次胆汁酸生産菌として知られる「クロストリジウム・シンデンス」が減少し、菌血症を起こすことが知られる「エガセラ・レンタ」も減ることが観察されました。


発酵パパイア粉末の成分分析では、高分子のポリフェノール類は含まれず、その分解物である低分子のフェノール酸類が検出されました。


消化管から吸収されにくい高分子のポリフェノールが発酵により、低分子化されることで免疫系や腸内細菌への作用を発揮することが示唆されました。

これらの知見は、腸疾患や癌をはじめとする様々な疾患の予防および、治療法の開発や、特に高齢者の感染症予防や腸内環境の改善など、 QOL(生活の質)向上に役立つことが期待されます。

発表九州大学大学院農学研究院の中山二郎准教授と湯野温泉病院の藤田雄三医師らの共同研究チーム

掲載2017 年 1 月 6 日付けで米国のオンライン科学雑誌「PLOS ONE」に掲載されました。

スクリーンショット 2017-02-01 16.43.19

(参考図)発酵パパイア粉末摂取による高齢者の末梢血単核細胞 腫瘍細胞 溶解能力の変化(左)と、糞便中の Clostridium scindens(中)と Eggerthella lenta の存在比の変化(右)


スクリーンショット 2017-02-01 16.43.25

本研究で使用した発酵パパイア粉末の原料 野生未熟青パパイア

フィリピン産
(写真提供:カリカセラピ株式会社)


研究者からひとこと
最近の我々のグループの調査研究で、フィリピンの子供たちの腸内細菌叢が食の欧米化により変化していることも分かりました(論文発表予定)。
特に、都会では未熟マンゴーやパパイアの食習慣も失われつつあります。
今回の研究で、未熟果実の健康効果も示唆され、古来の食習慣を科学的に見直す必要性を感じています(中山二郎)


研究者からひとこと
脳神経外科専門医として神経系疾患の研究をしてきました。
今回は老化研究の際に、ポリフェノールの発酵物による免疫機能改善の他、腸内細菌叢の変化が示され、コレステロール代謝などに影響を与える可能性と、便の臭いの低下が示されました。さらなる発酵技術の応用が期待されます。(藤田雄三)


Fermented Papaya Preparation Restores Age-Related Reductions in Peripheral Blood Mononuclear Cell Cytolytic Activity in Tube-Fed Patients