ニュース

2016年4月1日から施行された「障害者差別解消法」について1/1

2016年4月1日から、「障害者差別解消法」が施行されました。本法律は、全ての国民が障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現につなげることを目的としています。

2a5604c0f9ca0781289a54df24124783_s.jpg

2016年4月1日から、「障害者差別解消法」が施行されました。

この法律は、行政機関、団体、民間事業者における、障害を理由とする差別を解消するための措置などについて定めたものです。

今回は、障害者差別解消法の規定に基づき、必要かつ、合理的な配慮をおこなうための考え方などを簡単に掲載します。

《対象となる障害者》

身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む。)その他、心身の機能の障害がある者。法が対象とする障害者は、いわゆる障害者手帳の所持者に限りません。吃音や、高次脳機能障害も、障害に含まれています。

《差別になる基本的な考え方》

  • サービス等の提供を拒否する。又は 提供に当たって、場所・時間帯などを制限する。条件をつけること。他の者と異なる接し方をすること。
  • 障害者を障害者でない者と比べて優遇する取扱いをすること。

※  合理的配慮を提供するために必要な範囲で、プライバシーに配慮しつつ障害者に障害の状況等を確認することは、不当な差別的取扱いには当たりません。

不当な差別的取扱いとは、正当な理由なく、障害者を、問題となる事務・事業について本質的に関係する諸事情が同じ障害者でない者より不利に扱うことです。第三者の立場から見る「客観性」が重視されます。

《合理的な配慮と考えられる例》

・障害の特性に応じて、施設のルール、慣行などを柔軟に変更すること。

・施設内の段差にスロープを渡すなど、物理的環境への配慮 ・点字や音声データ、手話など、補助器具・サービスの提供をおこなうこと(代読・代筆を含む)


・外見上、障害者であると分かりづらい患者の受付票などに、その皆が分かる連絡カードを添付するなどの連絡手段の工夫。

それぞれの障害の特性と、対応・例

【視覚障害】

【特性】目がまったく見えない、又はほとんど見えない人と、文字の拡大や、視覚補助具等を使用し視力を活用できる人に大きく分けられる。

音声、点字表示など、視覚情報を代替する。声をかけるときは、前方から近づき声をかけるようにする。

説明するときには、「それ」「あれ」などの指差し表現を使わず、あなたの正面など、具体的に説明する。


【聴覚障害】

【特性】外見では分かりづらい障害。コミュニケーション方法には手話、筆談、口話など様々な方法があるが、どれか一つで十分ということではなく、多くの聴覚障害者は、話す相手や場面によって複数の手段を組み合わせるなど使い分けている。

手話・文字表示など、目で見て分かる情報を提示する(スマートフォンなどのアプリに、音声を文字に変換できるものがある) 


【盲ろう】(視覚と聴覚の重複障害)

【特性】盲ろうのひとは、障害の状態や程度によって、いくつかのタイプに分けられる。

① 全く見えず、聴こえない状態の「全盲ろう」
② 見えにくく、聴こえない状態の「弱視ろう」
③ 全く見えず、聴こえにくい状態の「盲難聴」
④ 見えにくく、聴こえにくい状態の「弱視難聴」

障害の状態や、程度に応じ、視覚障害や聴覚障害の人と同じ対応が可能な場合があるが、同様な対応が困難な場合が多い。

手書き文字や触手話、指点字などの代替する対応や、移動の際にも配慮する。


【肢体不自由】

【特性】手足やカラダが不自由。車いすを使用されている場合・杖を使用されている場合が多い。

・段差をなくす、車椅子移動時の幅・走行面の斜度、車椅子用トイレ、施設のドアを引き戸や自動ドアにするなどの配慮。

・ドア、エレベータの中のスイッチなどの機器操作のための配慮。目線をあわせて会話する。


【構音障害】(こうおんしょうがい)

【特性】言葉の発音が正しく出来ない、うまく聞き取れない症状。

 話すこと、聞き取りをすることがうまく出来ない状態なので、聞くときはしっかりと話を聞く、会話補助装置などを使用することも考慮する。


【失語症】

【特性】聞くことの障害。音は聴こえるが、話の内容がわからない。

表情が分かるように、顔を見ながら、ゆっくりと短い言葉や文章で、話しかける。


【高次脳機能障害】

【特性】交通事故や脳の病気などの理由によって、認知や行動に生じる障害。

症状は、失語、方麻痺など、多種にわたるので、高次脳機能障害二詳しいリハビリテーションや普及拠点機関、家族会などに相談する。


【内部障害】

【特性】各種臓器やHIVによる免疫機能の障害により、疲れやすく、長時間の作業が困難な場合がある。

ペースメーカーは、外部からの電気や磁力に影響をうけることがあるので、注意すべき機器や場所などの知識をもつ。


【重症心身障害】

【特性】自分でカラダを動かすことができない重度のの肢体不自由、知的障害。

人工呼吸器などを装着して専用の車椅子で移動する人もいるため、電車やバスの乗降時等において、周囲の人が手伝って車椅子を持ち上げるなどの配慮が必要。


【知的障害】

【特性】「考える、理解する、読む、書く、計算する、話す」等の知的な機能に発達の遅れが生じる。

文章は漢字を少なくしたり、分かりやすい表現に直す。
話す際も、ゆっくり、ていねいに、分かりやすく話すことが必要。


【発達障害】
※ 自閉症、アスペルガー症候群を含む広汎性発達障害

【特性】相手の表情や態度などよりも、文字や図形、物の方に関心が強い。見通しの立たない状況では不安が強いが、見通しが立つときはきっちりしている 。

大勢の人がいる所や気温の変化など、感覚刺激への敏感さで苦労しているが、それ が芸術的な才能につながることもある シンプルな伝え方を意識する(図・イラストなど)


【学習障害】

【特性】「話す・理解」は普通にできるのに、「読む・書く・計算する」ことが、努 力しているのに極端に苦手。

得意な部分を積極的に使って情報を理解し、表現できるようにする(文字を大きくしたり、行間をあけるなどの工夫)


【注意欠陥多動性障害・ADHD】

【特性】周囲のものに関心を持つ力が強い、エネルギッシュに様々なことに取り組むことが多い。

周りくどい表現はせず、短く、はっきりとした言い方で伝える。


【その他の発達障害・吃音】

【特性】言葉がつまる、つっかえる頻度が多い。

叱ったり拒否的な態度を取ったり、笑ったり、ひやかしたりしない。楽に過ごせる方法を一緒に考える。


【精神障害】

【特性】代表的なもの総合失調症・気分障害。

原因は様々で、障害の特性や制限の度合いは異なるので、専門家の意見を聞くなど、関係機関と協力しながら対応する。


【アルコール依存症】

【特性】お酒を飲みたいという強い欲求がコントロールができない。過剰に飲酒したり、昼夜問わず飲酒したりすることで身体的、社会生活上の様々な問題が生じる。

自覚がないことが多いので、アルコール依存症は治療を必要とする病気であることを本人や周囲の人たちが理解する。


【てんかん】

【特性】何らかの原因で、一時的に脳の一部が過剰に興奮することにより、けいれんや意識を失ったりする発作がおきる。

専門家の指導の下に内服治療を行うことで、多くの者が一般的な生活が送れることを理解する。


【認知症】

代表的なもの・アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症(記憶障害など認知機能が低下し、生活に支障が出ている状態)

高齢化社会を迎え、誰もが認知症とともに生きることになる可能性があり、また、誰もが介護者等として認知症に関わる可能性があるなど、認知症は皆にとって身近な病気であることを理解する。


【難病】

《特性》神経筋疾病、骨関節疾病、感覚器疾病など

専門の医師に相談する。それぞれの難病の特性が異なり、その特性に合わせた対応が必要。

事業者における相談体制の整備

障害者差別の解消を効果的に推進するには、障害者及びその家族その他の関係者 からの相談等に的確に応じることができる相談窓口を設置することも重要です。

研修や啓発

障害者への差別は、障害に関する知識・理解の不足、偏見などにより引き起こされることが大きいと考えられます。
障害の有無にかかわらず、相互に人格と個性を尊重する共生社会を目指すことの意義を職員が理解することが重要です。啓発や研修をおこなうことが望まれます。


【出典】