ニュース

腸内の善玉菌が少ないと、うつ病リスクが高くなることが証明される。1/1

43人の大うつ病性障害患者と、57名の健常者の腸内細菌について、善玉菌であるビフィズス菌と乳酸桿菌の菌数を比較したところ、うつ病患者群は健常者群と比較して、ビフィズス菌の菌数が有意に低く、ビフィズス菌・乳酸桿菌ともに一定の菌数以下である人が多いことを世界で初めて明らかにしています。

現在、うつ病患者数(治療を受けている人数)は70万人、治療を受けていない患者はその3~4倍存在すると推定されています。

これまで、さまざまな要因が うつ病原因として提唱されてきましたが、いまだに不明な部分が多いのが現状です。


これまでに提唱されてきた、うつ病の原因

  • 神経伝達物質の異常
  • ストレス反応における内分泌学的異常
  • 慢性炎症 など、

腸内フローラとうつ病との関係性については近年、腸内細菌は脳の機能にも影響を与えること(腸―脳相関)を示唆する研究結果が次々に報告されていることから、注目されるようになっていました。

一方、うつ病の動物モデルを用いた検討では…

  • うつ病の行動異常やストレス反応において腸内細菌の関与を示唆する報告が増えてきている
  • ビフィズス菌や乳酸菌といった、いわゆる善玉菌はストレス反応を和らげる可能性が示唆されている

人においてももちろん、ストレス症状に対するプロバイオティクス(生きた善玉菌を含む食品)の効果が報告され始めています。

これまで、うつ病患者を対象とした研究はほとんどなかった

うつ病患者と健常者における腸内細菌の構成や菌数を比較した研究は殆どなく、善玉菌が多いか少ないかなどについて、具体的なエビデンスが求められていました。

今回の研究概要

43人の大うつ病性障害患者(米国精神医学会の診断基準DSM-IVによる)と、57名の健常者を対象としました。

ビフィズス菌、乳酸桿菌の菌数、うつ病リスク

被験者の便を採取して、ビフィズス菌と乳酸桿菌(ラクトバチルス)の菌量を測定し、比較しました。
大うつ病群は健常者群と比較してビフィズス菌が有意に低下しており、ラクトバチルスの総菌数も低下傾向にあることを認めました。

ビフィズス菌における研究結果

カットオフ値(便1gあたり109.53個)以下の菌数だったのは大うつ病群でした。

  • カットオフ値「大うつ病群49% (21/43人)。健常者群23% (13/57人)」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-06-18-39-08

1g当たりの便におけるビフィズス菌の数が109.53個以下であると大うつ病性障害を発症するリスクがおよそ3倍になることが示唆されています。

乳酸菌「ラクトバチルス」における研究結果

カットオフ値(便1gあたり106.49個)以下の菌数であったのは大うつ病群でした。

  • カットオフ値「大うつ病群65% (28人/43)。健常者群42% (24/57人)」

従って、ラクトバチルスの数が便1gあたり106.49個以下であると大うつ病性障害を発症するリスクがおよそ2.5倍になることが示唆されました(図2)。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-06-18-39-15

 以上の結果から、ビフィズス菌や乳酸桿菌の両者とも菌数がかなり低いとうつ病リスクが高くなることが示唆されています。

合わせて、被験者のうち、

過敏性腸症候群(IBS ※)を合併している人の割合は、大うつ病群では健常群に比較して有意に多いことがわかっています。

  • カットオフ値「大うつ病群33%。健常者群12%」

過敏性腸症候群
はっきりとした原因がないのに下痢や便秘などの便通異常をともなう腹痛や腹部不快感が慢性的にくり返され、不安やストレスを感じると症状が強くなる疾患。腸内細菌が関与している可能性が指摘されている。


さらにビフィズス菌やラクトバチルスの数が、上記のカットオフ値より低い人は、過敏性腸症候群症状をもつリスクが高いことが明らかになっています。

週一回だけの摂取でも、腸内細菌に影響する

腸内細菌の構成には、日常の食生活が深く関係しています。

ビフィズス菌や乳酸菌を多く含む乳酸菌飲料、ヨーグルトなどの摂取頻度と腸内細菌の関係を調べたところ、大うつ病性障害患者の中で、週に1回未満の摂取の人は週1回以上摂取習慣がある人と比較して、腸内のビフィズス菌の菌数が有意に低いことがわかっています(図3)。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-06-18-39-22

written by 執事

『出展』