ニュース

「瞑想」はうつ病だけでなく、過敏性腸症候群をも改善させる1/1

アメリカの研究グループが30〜60歳の女性を対象におこなった瞑想の効果検証では、うつ病症状に対してかなり大きな改善を示しました。ストレスに関連している遺伝子である「MME」「FOXO3」のうち、「FOXO3」の発現を減少させることのできる最も手軽な方法であると結論づけられています。

瞑想のストレス遺伝子に対する抑制効果が見出されたことにより、その心理的若返り効果が立証される形となりました。

定期的におこなうことによって、効果の一時的な休息とは違い、持続的な効果が望めます。

調査前後で、脳の磁気共鳴画像を使用しておこなわれた瞑想の効果検証においては、わずか8週間で「脳の灰白質を再構築する」ことを見出しています(ハーバード大学)

Translational Psychiatry – Meditation and vacation effects have an impact on disease-associated molecular phenotypes

これも同じくハーバード大学の研究で、過敏性腸症候群(IBS)の症状を軽減し、向上させる効果も見出されています。

30日の瞑想の挑戦 – 5つの方法毎日の瞑想は私の人生を変えた – 集団の進化を

1日のリセットとして、瞑想はもっとも手軽で、効果的な健康法だと言えそうです。

written by 執事

出典