ニュース

幸せを感じて健康人なろう!(第1回)人が幸せを感じる時はどんな時?こんな時!1/1

健康の三大要素は、「食事・腸内環境・心」だと言われています。 実際これまでにも、食事や腸内環境を考え、それがアンチエイジングにも繋がるのだという話をして来ました。 そこで今回は、3つ目となる心について考えてみたいと思います。

girl-206144_640

皆さんは今、幸せですか?


『病は気から!』

これは余りにも有名な俗説です。

しかし、残念ながら、これを実践出来なかったがために体調を崩し、病気になる人は少なくありません。

特にストレス社会と言われる昨今…

  • 楽しい事を考えない人!
  • 何事にもネガティブ思考の人!
  • 自分は不幸だと思い込んでいる人!

が、実に多いと見られるのです。

これでは、心の病気は勿論、肉体的な疾患を発症する人が増加しても致し方ないと言えるでしょう。


ネガティブ思考が病を呼ぶ


悪い事ばかり考えてしまう!
何をしてもうまく行かず、面白くない!

こんな風に、所謂ネガティブ思考・マイナス思考と呼ばれる考え方をする事がしばしばある、という方は要注意! 
恐らく自分でもストレスを抱えている事に気付いておられるでしょう。

となると、今は自他共に元気そうに見えていても、

身体はすでに悲鳴を上げているかも知れません。

そうなれば、もう病気になるのも時間の問題ではないかと思われます。

と、脅してしまって申し訳ありません。

でも、本当は…

ストレスを多く抱えている人ほど、普段から多量の幸せホルモンを分泌している可能性は高いのです!

今はその幸せホルモンのバランスが悪く、逆効果になっているだけではないでしょうか?

そう、

幸せはホルモンがもたらすもの! 

  • そのホルモンバランスを整える事こそが、幸福な健康ライフへの近道です。

そこで、今一度自分の日常生活を見直し、身近な幸せを整理してみましょう。


人が幸せを感じる時


そもそも人はどのような時に幸せを感じるのか? 

まずはそれから見て行きましょう。

とは言え、当然ですが、幸せの大正や大きさはひとそれぞれ! また、年齢や性別、職業、生活環境等によって違ってきます。

しかし、あくまでも一般的な感覚としては、以下のような事柄が上がってくるようです。

男性が幸せを感じる時ベスト5

第1位:美味しいものを食べている時!
第2位:電車で座れた時!
第3位:支払いで小銭を使い切れた時!
第4位:自動販売機で当たりが出た時!
第5位:好みのタイプの人を見掛けた時!

女性が幸せを感じる時ベスト5

第1位:美味しいものを食べている時!
第2位:電車で座れた時!
第3位:支払いで小銭を使い切れた時!
第4位:アイスの当たりが出た時!
第5位:ハートのピノやポイフルなど、レアな形のお菓子を発見した時!


幸せを感じる事は難しくない


上記はいずれも、就職情報などでおなじみの大手人材広告会社「マイナビ」が運営しているニュースサイト「マイナビニュース」の中で2012年に実施されたアンケート、「小さな幸せを感じる瞬間」の結果です。

テーマが「小さな幸せを感じる瞬間」であること。
回答者の多くが社会人で、特にサラリーマンやOLが主であること。

また、そうした回答者を意識した選択肢が並べられたのも手伝い、大きな男女差は見られません。
全体的に、本当に日々の生活の中で接する身近な出来事に幸せを感じているのが分かります。

そう、幸せを感じることは決して難しくないのです。


小さな幸せが大きなストレスになる!


ただし、

このアンケート結果のような幸せばかり感じている状況が、実はストレスを過剰にし、健康を害しているかも知れないので要注意! 

何しろ、これらはいずれも達成感を得たことによる幸せ感です。
そうなると、もし失敗すれば、多少なりともストレスを感じてしまうでしょう。

例えば、通勤電車で残念、座れなかったらどうでしょうか? 
瞬間的にガッカリし、そのまま立ち続ける状況に苦痛が伴います。

また、昨日美味しいものを食べて幸せを感じていたら、今日も最低限、それと同じレベルのものを食べられなければ身体は本当に満足しません。

さらに、今日も美味しいものを食べれば、明日も明後日もとなり、挙げ句の果ては、その味覚もレベルアップしなければストレスに変わってしまうのです。

このように、達成感がもたらす幸せというのは、持続性がないというのが大きな特徴で、当たり外れが大きいと言えます。

しかも、当たり外れを繰り返す度に、幸せはどんどん消去されて行きますが、ストレスは蓄積されていきます。

これでは決して体にいいとは言えません。

  • 持続性のある幸せを沢山感じる、それが健康ライフの秘訣です。

written by M.YAMAMOTO

という事で、次回以降、そんな持続性のある幸せを感じるにはどうすればいいかという事を考えていきましょう。お楽しみに・・・!!