ニュース

幸せを感じて健康になろう!(第3回)「カラダに良い幸せ」と「カラダに悪い幸せ」1/1

前回、英国で行われたアンケート調査を元に、「人が幸せを感じるのはどのような時なのか?」を具体的に見ました。そして、それらの幸せには2種類あるという事で、グループAとBに分けたんでしたよね。 因みに、第1回で出て来たマイナビのアンケート結果のベスト5は、いずれもグループAに該当します。何故なら、どれも達成感がもたらす幸せだからです。

smiley-1876312_640

体にいい幸せ!


グループBは、どのような幸せなのか? 
改めて前回の記事の中のランキングとグループ分けをご覧になって考えてみて下さい。

恐らく、その多くに「他人が関わっていること」に気が付かれるでしょう。
あるいは、リラックスという言葉が感情を左右しているものばかりです。

分かりやすく言えば、じんわりと「“ああ、いいなぁ!」「“幸せだなぁ!”」と幸福感を味わいながら、その時を過ごせる幸せ! 
そして、それをもたらせているのは、人と人とのコミュニケーションだったり、心の安らぎであるという訳です。

家族で手料理を食べたり、子供の泣き笑いを見たり聞いたり、ぐっすり眠っている時などはその典型的例だと言えるでしょう。

何しろ、人間、安らかに眠っている時ほど幸せな時間はありません。
本当に穏やかないい寝顔をしています。

また、家族で食事や母親の手料理というのは、そこに妻子がいたり、お母さんが作ってくれさえすれば、ある程度心身の満足度は満たされます。
勿論、料理自体が美味しいに越したことはありませんが、そこで裏切られても、極端に満足度が下がり、ストレスが溜まることはないでしょう。

そう、「コミュニケーションや安らぎがもたらす幸せ」というのは、欲も得もなく、純粋に幸せを味わえる時なのです。

そして、「その欲も得もない」ということは、端から利益を求めていない形になりますから、例えメリット0でも腹が立つ心配もありません。

実は、これが非常に重要で、この類いの幸せは、ストレスを解消しても蓄積することはない! 即ち、カラダに良い幸せという事になります。


体に悪い幸せ


ところが、端から美味しいものを食べたいという食事そのものに重きを置いた期待感を保って食卓に付く時、裏切られた時のショックは大きいですよねぇ!?

ご飯を食べたいと思っておかずを作ったのに、いざ炊飯器を開けるとご飯がなかった瞬間など…

これが夜なら、その日一日が台無しになってしまうのではないか?とすら思います。

  • 特にテイクアウトや外食については、その典型的例だと言えます。

例えば、噂のラーメンを食べたいと思い、行列に並んだとしましょう。
長い時間待って、ようやく待望のラーメンにありつきました。
それが美味しければ、「ああ、並んでよかった!」と、達成感が芽生え、それが幸せとして感知される訳です。

でも、もし自分の口に合わなければ、「あんなに長い時間待ったのに・・・!!」と、不平不満が連発されます。

喜びや幸せどころか、ストレスが蓄積されてしまいます。

また、自販機やアイスクリームなどで当たりくじが出た時の喜び、あるいは、自分にピッタリフィットする服が見付かった時の喜びも同じです。

端から全く期待を持たずに、当たりくじ付きの商品や洋服を買ったりすることはほとんどないでしょう。

となると、口では「まさか当たるとは思わなかった!」とか、「いい服があればいいなぁ程度に思っていたんだけど・・・!」とは言いつつも、本音では「あわよくば」という思いがあります。そのため、もし残念な結果に終われば、多少なりとも失望感に見舞われ、それがストレスとなってしまうのです。

さらに、一度当たりが出れば、次もまたと欲が出て、裏切られる度にストレスが溜まっていくわけです。 

即ち、「カラダに悪い幸せになる」という訳ですね。

とは言え、瞬間的な刺激、それも良い刺激を与えてくれる可能性のある達成感による幸せもまた、人には必要不可欠だと言えます。

ただ、失敗した時にはストレスを蓄積してしまうというリスクを持っているだけに、そのストレスを解消してくれるコミュニケーションやリラックスがもたらす幸せも必要になってきます。

written by M.YAMAMOTO

ようするに、2つの幸せのバランスが大事です。そこで次回は、そんなバランスの取り方を考えて行きましょう。