ニュース

月曜が嫌なのは気分の問題だけではなかった!こうやって乗り切ろう1/1

週末はあっという間に終わってしまい気づけば日曜の夜。月曜日の始まりに憂鬱にならない人はあまりいないのではないでしょうか。特に社会人になってからは気が重くなる一方。もちろん仕事だからというのは簡単ですが、少しでも月曜が快適に過ごせるようにするためのヒントがこれです。


週初めはなんでも合理化


週初めはやることが多いのは確かです。
でも、いくつかルーティン化しているものもあるはず、
合理的に片付けるフローを組みましょう。

もし可能なら金曜の夜に前倒してやっておいてしまいましょう。
こっそり週報を書いちゃってもいいかもしれません。

やる気の出る仕事から片付ける

学生時代のテストを思い出してください。
難しい問題から解答していくのではなく、まずは確実に点がとれそうな簡単な問題から解いたはずです。

納期や締切の問題もありますが、
可能なら簡単なタスクをアップがわりにこなしてから、難しい案件に臨みましょう。
集中して仕事に取り組めるという状況はメンタルによい影響を与えます。

キャリアパスについて

月曜が大変なのはもしかすると、
あなたのキャリアパスに対してあなたの人生がフィットしていない可能性があります。

簡単なことではないかもしれませんが、今一度冷静になって、
仕事があなたのライフスタイルに合っているかどうか、を考えてみることも必要です。

仕事に対する熱量を平日は常に同じに保つ

月曜が一番大変なのは、1週間の中で曜日によって仕事に関するやる気の差をつけているからかもしれません。
平日は毎日均等に仕事をしている、という意識があれば、
月曜だけが特別に嫌な日であるという認識がなくなるはずです。

 そして週末に今一度、自分の生活サイクルなどを見直してみるとそこにヒントがあるかもしれません。

written by Akiko

参考