ニュース

穏やかな性格を変えずに、社会で生き抜く方法1/1

社会に出ると、さまざまな性格の持ち主に出会います。会社では苦手だと思う人とも集団となり仕事をしないといけないのが世の常です。例えば性格が穏やかだと、何かと躊躇して集団の中で意見を言うことができないこともあるかもしれません。自己主張が強くないと集団生活の中では生き残れないのでしょうか。

 性格を変えれば問題は解決するかもしれません。
しかしながら、長年培ってきた性格を変えるのは簡単なことではありません。

でも、自分の性格や傾向を見直すことは可能です。

 もし穏やかだから言えないと思っているのならば、穏やかに相手に伝える方法を見つければいいのです。穏やかでも相手に意見を伝えることは可能なはずです。

また自分に合った意見の伝え方を見つければ、対立や争いをすることなく理解してもらうことだって可能なはず。コミュニケーション能力を磨いたり、少しの工夫で環境が変えることも可能かもしれません。

では、どうすればコミュニケーション能力がブラッシュアップされるのでしょうか。

本屋に行ってこういった問題の類いの書籍を購入して読むのもいいでしょうし、また職場で評判の良い人の言動を観察して、真似ていくこともいいでしょう。

改善していく上で大切なのは仕事ができない理由を性格のせいにしないこと。
一般的に組織というものは、きちんと仕事ができていれば認められて評価される場所です。

穏やかであることは、不当なことをされても「NO」と言えない気の弱さとは異なります。

また出世したい、中間管理職になりたいなど会社での競争で勝ち抜きたいのなら、穏やかな性格に強さを加えて、簡潔な話し方・複雑なことをシンプルに読み解く能力・ロジックにのった説得性のある意見の伝え方などを磨けば、逆境にあっても乗り越えられるようになるのではないでしょうか。

そもそも自分の意見を伝えることはコミュニケーションにおいて大切なこと。
性格を変えなくても改善することはできるはずです。

会社で何かにつまずいたとき、自己分析をして性格を見つめ直すとブレークスルーできるポイントが見つかるかもしれません。