ニュース

星座によってかわるストレス撃退法【後篇:さそり座~うお座】1/1

最近、心が疲れていませんか? 師走は仕事も忙しく、飲み会も多くなるため、体力的にも辛い時期に入るのではないでしょうか。   今回は、星座別に最適なストレス解消方法を解説します。星座は運勢を占うだけでなく、性格の傾向もわかります。不安やイライラをどう解消するかも星座によって違うのです。

さそり座(10/24~11/22):『愛』

さそりは、精神的・感情的・肉体的な融合を支配しています。

物理的な意味では、セックスを意味します。
さそり座の人にとってはストレス解消の手段にもなるのです。

気持ちの入った性交渉は、心を安定させ、ストレスを軽減させます。

もし性交渉ができない、したくない場合には、空想にふけるのがおすすめ。
もちろん、自慰中の妄想も効果的ですよ!

いて座(11/23~12/21):『冷静(哲学的)になる』

いて座は活気にあふれていて、人間の生きる意味を模索しているタイプが多いそう。

哲学的な人が多いので、自己分析をするのが好きな人が多く、そうすることでストレスが発散されます。ストレスがたまった時は、尊敬できる人からインスピレーションを受けるのも良いでしょう。

自分の好きな作家の格言を読んだりするのもお勧めです。

やぎ座(12/22~1/19):『計画をたてる』

やぎ座は常に山に登っている、つまり、自分の状況を俯瞰的にみられる状況を好みます。

物事の過程でゴールが見えなくなったり、道筋が曖昧になるとストレスを感じます。
山羊座には行動計画をきちんと立てるタイプも多いと言われています。

自分が好きなレベルで、日ごと、週ごと、月ごと、時には将来的な目標や計画を立てることで安心し、ストレスが軽減されるでしょう。

みずがめ座(1/20~2/18):『先のことを考えてみる』

みずがめ座は、希望・夢・野心等の象徴です。
よって、みずがめ座の人は先見性がある人が多いのです。

みずがめ座の人が不安だったり、ストレスを感じたりした時は、持ち前の想像力を使って先のことを考えると心が和らぎます。

自分がどうしたいか、どういう気持ちになりたいかに焦点を当て、先のことを考えましょう。

想像することで理想的な未来が描け、ストレスも軽減されるでしょう。
みずがめ座は社交性の高い人も多いので、友達と集まってそういう話をするのもお勧めです。

うお座(2/19~3/20):『瞑想する』

うお座は十二星座の最後にあり、他の星座をまとめたような象徴です。

最後の水系の星座なので、感情を司る星座でもあります。
よってうお座の人は繊細で、感情に対して敏感です。

そんなうお座の人がストレスを感じたときは、瞑想するのがベスト。
心をすっきりさせ、感情の波を穏やかにし、自分の感情を理解することにもつながるでしょう。

written by はなもと瑠唯。 

いかがでしたでしょうか。生まれた星によって性格や感じ方も変わってきます。全てがあてはまるわけではありませんが、ストレスを抱えた人は参考にしてみてください。

参照:

• ※ 掲載している画像は報道資料及び、フリー素材です