ニュース

毎日2回、20分で囚人女性のトラウマを減少させた方法1/1

毎日2回20分間の瞑想で囚人女性のトラウマ症状を減少させることができた、というストレスに関する最新知見が発表されています。これはリストカットなどの外傷症状を持っている女性刑務所の受刑者に焦点を絞った最初のストレス研究です。

ハイレベルなトラウマは、その後のライフスタイルを辛いものにしたり、再発のリスクを増加させますが、それだけでなく、女性における外傷性ストレスが様々な形態のガンリスクも上昇させていた例もあります。

瞑想は床下部 – 下垂体 – 副腎系の興奮を抑え、外からやってくるストレス刺激に対する反応の敏感さも抑えることができるもっとも歴史があり、効果を期待でき、簡易的なストレス対処法です。

チームが今回女性刑務所で4ヶ月間、この瞑想法の効果検証をおこなったところ、外傷症状が著しく低下を見せた、という知見が得られています。

スクリーンショット 2017-01-18 14.18.38

※ MAHARISHI UNIVERSITY OF MANAGEMENT

深刻なPTSD(外傷性ストレス障害)に苦しんでいた受刑者を救うことができた、という報告が上がっています。
刑務所、という環境下でこの減少率ですから、一般的な状況下ではその効果はもっと高くなるでしょう。

テキサス州エルパソ近郊のラ・ツナ連邦刑務所においては、瞑想は脅迫概念からくる行動や社会的な内向を減少させる効果があると考えられています。

カリフォルニア州のフォルソム州刑務所とサン・クエンティン州刑務所、マサチューセッツ州のウォーポール州刑務所を含むいくつかの刑務所での調査では、再犯率が33〜47%低下した、という報告も上がっています。

瞑想は防止の観点も兼ね備えた個人個人の今を最高の状態にする心身のトレーニングだと言えるでしょう。 

Research on TM
Research on the Transcendental Meditation Technique …
Research on the Transcendental Meditation Technique

Transcendental Meditation and Reduced Trauma Symptoms in Female Inmates: A Randomized Controlled Study
Transcendental Meditation and Reduced Trauma Symptoms in Female Inmates: A Randomized Controlled Stu …
Transcendental Meditation and Reduced Trauma Symptoms in Female Inmates: A Randomized Controlled Study