ニュース

「ポケットモンスターGO!」が担う、ゲームの進化論 ①1/1

Android/iphoneでポケットモンスターGO!のアプリが配信されました。アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで6日から先行して配信スタートされた結果、多くのメディアが取り上げているように、既に社会現象に近い反響が見られています。なぜこれほどまでに、ポケモンGO!に注目が集まっているのか?気になりませんか?

d28fc754efeef1ef84d1c499381640cd_s

海外から見る、「ポケモンGO!」の主な影響

  • ポケモンを探していて、前方不注意で木にぶつかった
  • ポケモンを探していて、水死体を発見した
  • ポケモンを探して、路地に入ったら、強盗にあった
  • ドライバーが運転中にプレイして、木に衝突した
  • パトロール中の警察官がゲームに参加、イメージアップにつながった
  • ポケモンを探していたところ、警官に追われている犯人を発見、逮捕に貢献した

配信開始からわずか数日で、海外からは既にこれだけディープな報道がされています。

前方不注意などはその人のモラルが試されている気がしますし、強盗などはポケモンGO!の問題ではなく、治安の問題なような気はしますが…

中でもすごいのが、任天堂の株式総額でしょう。

ポケモンGO!が予想を超える大ヒットとなったため、任天堂の株式総額は 90億ドル(9300億円)増加したとのことで、「ポケモンGO!は任天堂を救った」とも言われています。

しかしながら、わずか数日で…いやいや、さすがと言いますか。驚きを隠せません。

ポケモンGO!とはなんなのか

ポケモンGOは一言で言うと、ポケットモンスターの世界をより現実に近い形にしたゲームです。

プレイヤー(私たち)は、街中を実際に歩き回り、スマートフォンの画面を介して、ポケモンを捕まえます。捕まえたポケモンは他のユーザーとトレードしたり、バトルすることができます

《ポケモンGO!の要点まとめ》


ポケモンGO!では、プレイヤーは3つのチームに分かれて、バトルし、ジムを取り合う。


マップ上にはポケモンだけでなく、ポケストップジムなどが現れる。


ポケストップ」はショップのようなもので、立ち寄るとアイテムを手に入れることができる。たまに、ポケモンの卵が見つかることもある。卵はたくさん歩くことで孵化する。


トレーナーとしてのレベルが上がると、より強いポケモン、アイテムをゲットできるようになる。


同じポケモンをたくさん捕まえると、進化のカケラが集まる。一定量たまると、ポケモン1匹を進化させることができる。

なぜ、ポケモンGO!がこれほどまでに注目されているのか。

  • ポケモンGO!の何よりもすごい点が、『AR=拡張現実』技術です。

AR技術とは、機械を介して、現実世界に仮装的なものを追加する技術のことです。

ポケモンGO!で言うならば、スマートフォンの画面を介して、現実世界に仮装的なキャラクター(ポケモン)を表示させている技術ですね。

これに、地図や道案内に使用されている「GPS機能」を組み合わせることで、ポケットモンスターの世界をより現実的にしているわけです。

このAR技術を使ったゲームは過去にも数多く出てますが、ポケモンGO!ほどハマった形というのも、なかなか見たことがありません。

ゲームにAR技術を組み合わせると、何が変わる?

  • ポケモンGO!がその答えを出しています。

思えば、今までのゲームはインドアなものでした。

オンラインで繋がれるようになったとは言え、それは室内で完結できるものでした。

しかし、ポケモンGO!は実際に外に出て、いろいろな場所に行かなければ、ポケモンをたくさん捕まえることができないのです。

これが、AR技術とGPS機能が組み合わさったことの最大の強みでしょう。

歩き回ることで、健康なカラダになっていきます。
そして、外で他のプレイヤーと会えば、トレードしたり、バトルしたりし、自然なコミュニケーションを築くことができる。

それは不健康なイメージのあるゲームユーザーを、健康的にするアイデアです。

次回の記事でも引き続き、ポケモンGO!のことを掲載していきます。

written by 執事