ニュース

「こどもクリエーター交流キャンプin奈義町」を開催!1/1

岡山県奈義町は、 平成28年10月1日(土)・ 2日(日)の二日間にわたり、 小学校5・6年生を対象にワークショップとデジタル授業を実施する「こどもクリエーター交流キャンプ」を実施いたします。 本事業は、 「企業版ふるさと納税」第1回認定事業に選ばれた、 本町の地方創生事業として行います。

本キャンプは、 これからの時代に必要とされる新しい学びと普段出会わないクリエーターとの出会いを奈義町の子ども達に提供し、 広い視野と多様性や創造性を身に付けさせることを目的に、 株式会社ワオ・コーポレーションに企画・運営を依頼し、 実施するものです。  

対象は、 奈義町の小学校5・6年生と、 同社が募集した県南(岡山市・倉敷市など)在住の小学5・6年生で、 本町の子ども達と都市部に住む子ども達の交流も狙いの一つとしています。
子ども達は、 「プログラミング講座」と「デザイン講座」の2種類のワークショップと、 「デジタル授業」を受講します。

プログラミング講座では、 既に身の回りにあふれている、 プログラミングで物を動かす仕組みを、 理解できるようになるための思考の基礎を、 デザイン講座では知識や意見を整理して表現し、 伝えるためのデザインスキルを学習します。

デジタル授業では、 “デジタルペン”を利用した最先端のアクティブ・ラーニング授業を行います。 当日の講師は株式会社ワオ・コーポレーションが実施するロボットプログラミング教室「WAO!LAB(ワオラボ)」の先生、 知育アプリ「ワオっち!」のデザイナー、 及び、 能開センターなどの学習塾の指導者に担当していただきます。

『こどもクリエーター交流キャンプin奈義町』概要

期間: 2016年10月1日(土)・2日(日)
場所: 岡山県勝田郡奈義町文化センター(岡山県勝田郡奈義町豊沢327-1)
対象: 奈義町と岡山市・倉敷市などの小学5・6年生(各20名程度)
主催: 奈義町
企画・運営:株式会社ワオ・コーポレーション
後援: 岡山県教育委員会/奈義町教育委員会/山陽新聞社/KSB瀬戸内海放送/OHK岡山放送/RNC西日本放送/RSK山陽放送/TSCテレビせとうち

<岡山県奈義町とは>

岡山県東北部に位置し、 東は美作市、 西は津山市、 南は勝央町、 北に国定公園那岐山(標高1,255m)、 滝山(標高1,197m)の連山の分水嶺を境として鳥取県智頭町と接している人口6000人の町です。

「このまちは、 自然とアートで出来ている。 」をキャッチフレーズに観光施策に力を入れるとともに、 平成24年に「子育て応援宣言」を掲げ、 乳幼児・児童・生徒の医療費無料化、 法定外ワクチン接種補助、 チャイルドホームや放課後児童クラブなど子育て支援の充実を図ってまいりました。

その成果が実り、 平成26年合計特殊出生率2.81と全国トップに並び、 NHKスペシャルに取り上げられるなど、 話題となりました。
奈義町では、 引き続き、 安心して産み育てられるまちづくり、 観光によるまちづくりを目指してまいります。

  • 奈義町ホームページ:  http://www.town.nagi.okayama.jp/