ニュース

「現役人事180名に聞いた、採用面接時のLGBT対応」に関する調査1/1

世の中のLGBTに関する独自の調査・研究、 情報発信を行うLGBTマーケティングラボは、 2016年9月5日から10月4日にかけて、 働く女性のヒューマンログマガジン「BiJinji Woman( http://www.bijinji.com/ )」を運営する株式会社CIN GROUP協力のもと、 現役企業人事180名を対象に「採用面接におけるLGBT」に関する意識調査を実施しました。

■現役人事担当者の約6割が「採用面接時にカミングアウトしてほしい」と回答!

昨今、 LGBTフレンドリー化を進める企業が増えています。
社内規定を変更したり、 同性カップル同様のサービスを提供するなど各社の取り組みは様々ですが、 では実際、 企業の入り口となる採用面接の現場での変化はあるのでしょうか?

そこで今回LGBTマーケティングラボでは、 働く女性のヒューマンログマガジン「BiJinji Woman」の協力のもと、 実際に採用面接に携わっている現役人事担当者180名に向け「採用面接におけるLGBT対応」というテーマで調査を実施しました。

採用面接時にカミングアウトを受けた経験やその時の対応、 実際に採用面接時にカミングアウトをされることついてどう思うか、 など実態と意識について、 現役人事担当者の本音がうかがえる結果が判明しました。

【結果サマリー】

採用面接でカミングアウトされたことがある人は約2割!
平均カミングアウト人数は1.35人。

「採用面接の場でカミングアウトしてほしい」と回答した人は全体の約6割!

カミングアウトしてほしい理由としては、 「自分らしく働いてもらいたいから」や「最初にオープンにしてもらった方が採用後に対応しやすい」という採用後のことを考えた意見が多数。

反対に、 カミングアウトして欲しくない理由は「どう対応していいかわからないから」というLGBTに関する理解が足りないゆえの回答が第1位に上がりました。

【調査内容】

sub1 sub2

sub9sub3 sub4 sub5 sub6 sub7


【調査概要】

●調査テーマ :「現役人事180名に聞いた!採用面接におけるLGBT」に関する意識調査
●調査対象  : 現役企業人事180名
●調査期間  :2016年9月5日~10月4日
●調査方法  :インターネット調査


関連URL

■LGBTマーケティングラボ所長 榎本悠里香(エノモトユリカ)

sub82012年に新卒で株式会社ガイアックスに入社。 海外のカスタマーサポート事業部の運用を担当したのち新規事業本部で営業系のクラウドソーシングサービスなどに従事。 2015年5月に株式会社レティビーに取締役として参画。
自身も性的マイノリティーであることをオープンにし、 企業向けLGBT研修などのプロデュース、 LGBT とアライアンスのための生活を豊かにするメディア「Letibee LIFE」の運営を行う。 2016年 株式会社レティビー代表取締役に就任。